Tom Clancy's Rainbow Six® Siege | Operator ZOFIA | Ubisoft® (UK)

戻る
Zofia icon

Zofia

Zofia faction

GROM

チーム
攻撃側
役割
anti-roam, crowd-control, disable, flank, soft-breach
アーマー
スピード
難易度

固有のアビリティ・プレイスタイル

KS79ライフラインは、コンカッション弾とインパクト弾の両方を撃てる電子的に作動する投射物技術を利用している。 コンカッション弾は170デシベルのショックウェーブを出し、聴覚を害したり目まいを引き起こす。

装備

メインウェポン

LMG-E

ライトマシンガン

M762

アサルトライフル

サブウェポン

RG15

ハンドガン

ガジェット

ブリーチングチャージ

クレイモア

固有アビリティ

KS79ライフライン

バイオグラフィ
本名
ゾフィア・ボサック
誕生日
1月28日 - (36歳)
出身
ポーランド、ヴロツワフ

経歴

「結果は関係ない、重要なのはどうやって無事に終えるかだ」

ゾフィア・ボサックは、ポーランドの特殊部隊GROMの指揮官を務めたジャン・ボサックの長女として生まれた。彼女は父親に課された厳しい訓練を耐え抜き、必要かどうかも疑わしいものを含め、さまざまな技能を習得した。ゾフィアはその優れた能力によってGROMの選抜試験を満点で合格した。GROMでは、接近戦と射撃以外にもサバイバル、破壊工作、ターゲット回収、応急処置など幅広いスキルを身に付けた。全部隊の中でも最高のパフォーマンスを発揮する兵士として、彼女は参加した全ての作戦において目覚ましい活躍を見せた。グアテマラでの救出任務では、単独で子供を含む何百人もの人々を救い出した。それらの功績により、数々の勲章を授与され、上官や同僚からの信頼も厚い。ゾフィアは水平思考を得意とし、断固とした攻撃的姿勢を保ち、公私に渡って非の打ち所がない人生を歩んでいる

パーソナリティレポート

ゾフィア・“Zofia”・ボサックは様々な顔を持っており、わずかな時間の面談の中では、私は彼女のほんの表層しか掴むことができなかった。したがって、この件はゆっくりと進めていきたいと考えている。彼女の父親は公人であり、強い権力も持ち合わせていたため、彼女の個人ファイルにも編集が加えられていて当然だ。[]面談の最中も彼女が守勢に回ることはなかったが… 私の肩書きを気にしているようだった。彼女は「分析」されることを嫌がっていた。そしてこれは、妹のエルズビエタ・“Ela”・ボサックと全く同じ反応だ[]

Zofiaは自分自身のことを語ることも、誰かが自分について語ることも好まない。特に、軍人の夫と2人の娘についての話となると尚更だ。彼女は世間話すらしない。そのため、面談の最初の20分は比較的静かなものだった。私が自分の家族について少し話すと、彼女も娘の朝の習慣に関する面白い話をしてくれた。彼女の信頼を無下にしたくはないので、ここでそれを共有することは控えたい[]

彼女は自分の功績に対する誇りと、意義のある選択に恵まれなかったという思いの間で葛藤している。報告書には非常に優れた人物であるという風に書かれていることに触れると、彼女は笑った。自分が誰かにプログラムされたロボットのように思えると話してくれた。彼女が抱えているこのような無力感は解消する必要があるだろう[]

Zofiaは父親の死を受け入れられていない。死因が自殺であるとは信じておらず、検死報告書を書き換えられないかと私に聞いた。私にもそのようなコネがあるかどうかは分からないし、そのようなことはすべきでもない。彼女の考えの全てに父の不在が影響しており、何らかの答えを提供したとしても、それで彼女が苦しみから解放されるとは思えない。代わりに、私は妹との関係を再構築することと、仲間や家族との絆をさらに深める方向に努力することを勧めた[]

最も印象的だったのは、Zofiaが完全な平静を保った上で未知のものと向き合っているということだ。それが訓練によるものなのか、教育によるものなのかは分からないが、極めて有用なスキルであることは疑いようがない。いずれにせよそのような状態では喜びを感じることはできない。そして私は彼女がそのような状態になることを望んでいない

-- レインボー・ディレクター、DR.ハリシュヴァ・“Harry”・パンデー