Tom Clancy's Rainbow Six® Siege | Operator ZOFIA | Ubisoft® (UK)

戻る
Zofia icon

Zofia

Zofia faction

GROM

チーム
攻撃側
役割
anti-roam, crowd-control, disable, flank, soft-breach
アーマー
スピード
難易度

固有のアビリティ・プレイスタイル

KS79ライフラインは、コンカッション弾とインパクト弾の両方を撃てる電子的に作動する投射物技術を利用している。 コンカッション弾は170デシベルのショックウェーブを出し、聴覚を害したり目まいを引き起こす。

装備

メインウェポン

LMG-E

ライトマシンガン

M762

アサルトライフル

サブウェポン

RG15

ハンドガン

ガジェット

ブリーチングチャージ

クレイモア

固有アビリティ

KS79ライフライン

バイオグラフィ
本名
ゾフィア・ボサック
誕生日
1月28日 - (36歳)
出身
ポーランド、ヴロツワフ

経歴

ゾフィア・ボサックは、ポーランドの特殊部隊GROMの指揮官を務めたジャン・ボサックの長女としてヴロツワフで生まれた。 父と同じ士官学校に通い、妹が耐えることのできなかったあらゆるプレッシャーに打ち勝つことを求められた。 マズールィ湖水地方への遠足で彼女は悪質ないたずらを受け、命の危機に瀕した。湖で遊んでいる最中に、同じクラスの3人の男子にただ「面白い」からという理由で溺れかけさせられたのである。この凄惨な経験は、他人への強い不信感とともに彼女の心に刻まれた。さらにその翌週、彼女はその犯人と隣の席に座る羽目になる。悩みを抱えつつも、彼女は訓練に精を出すことに決め、自分の身を守る術を習得していった。父からはより危険な技の手ほどきを受けるようになるが、彼女がそのことに疑念を持つことはなかった。 入隊できる年齢になると、彼女は軍に志願した。グアテマラでの救援任務レッド・アガサは、彼女の最大の功績の1つである。強烈な熱帯暴風雨が街の中心に陥没穴を形成し、近隣の住居ごと呑み込んだ。周辺を調査する研究チームの護衛として派遣された彼女は、その現場で突発的な地滑りによって穴の底に呑み込まれかけた子供を救う。その困難に立ち向かう姿勢を評価された彼女は勲章を与えられ、少尉に昇進した。 そんな中、彼女は海外で第二の家庭を築くことになった。現場で大きな成果をあげるには、命を懸けて仲間を信じることが大切だと学んだ彼女は、湖での事件に端を発した辛辣な教訓を考え直すようになっていた。厳しい父親の教えと距離を置くことで、自分自身の壁を打ち破ったのである。こうして、彼女に初めて親密な相手ができた。現在の夫とはマリでの任務中に出会い、当初は互いを敵だと誤解していた。 現場で仲間の反発を受けながら、やがて彼女は自分が思い描く理想の姿を理解するようになっていった。キャリアの絶頂を迎える頃、結婚式のためにポーランドに帰国した。式は簡潔に執り行われたが、彼女は産休のためにすぐにヴロツワフへと帰郷した。しかしポーランドに到着した直後、父が急死した。 娘の誕生は、ゾフィアに大きな影響を与えた。家族を大切にしようと思い始めたが、妹のエラには仲直りの申し出を無視されてしまう。 エラが選抜試験に受かることを知ったゾフィアは、すぐにGROMに復帰した。妹との関係を改善しようとはしたものの、他のメンバーとは距離を置いていた。その変化に隊員たちが気付き、父親の形見の懐中時計への執着心についても疑問を抱き始めた。それを父親への未練であると捉える者もいたが、何か他の感情があるようでもあった。 エラがレインボー部隊から誘われたことを知ると、ゾフィアにはもはや部隊に留まる理由がなくなった。GROMは今や、彼女にとって父親の記憶を呼び起こさせるだけのものとなっていた。 3ヶ月後、ゾフィアはレインボー部隊の正式なメンバーになっていた

パーソナリティレポート

  • 診断結果からは、性格の判定が困難。このような診断に対して、自らを偽ることに慣れすぎていると考えられる

  • 妹との間に大きな溝が存在する

  • 父親から受けた影響が大きい。父親の彼女への明らかな偏愛はよく知られている

  • 幼少期の人間関係に関する質問に対しては、曖昧で素っ気ない返答に終始した

  • しかしエラに対して過保護な面もある

  • 父親が自ら命を絶った件については黙秘