Ela Overview | Operators | Rainbow Six Siege | Ubisoft (UK)

戻る
Ela icon

Ela

Ela faction

GROM

チーム
防衛側
役割
crowd-control, roam, trap
アーマー
スピード
難易度

固有のアビリティ・プレイスタイル

第二次大戦中、象徴的な潜伏者が使用した1939対戦車パリッシュグレネードにヒントを得たこの粘着性GRZMOTマインは、地表に固定して聴覚を害したり目まいを引き起こすことができる。 このコンカッション地雷は近づくと作動し、その範囲内の全員に影響を及ぼす。

装備

メインウェポン

Scorpion EVO 3 A1

サブマシンガン

FO-12

ショットガン

サブウェポン

RG15

ハンドガン

ガジェット

有刺鉄線

展開型シールド

固有アビリティ

GRZMOTマイン

バイオグラフィ
本名
エルズビエタ・ボサク
誕生日
11月8日 - (31歳)
出身
ポーランド、ヴロツワフ

経歴

エルズビエタ・ボサックは、ポーランドの特殊部隊GROMの指揮官を務めたジャン・ボサックの末子としてヴロツワフで生まれた。

苦労しつつ士官学校を卒業すると、ポーランドを去ってベルリンで美術の勉強に励んだ。しかし昔の生活の充実感を徐々に実感するにつれ、美術への興味は薄れていった。ベルリンで小規模なPMCのオーナーと知り合い、仕事のオファーを受ける。未知の仕事と経済的な独立を切望していたため、仕事を引き受けた。

イラクのPMCでの彼女の働きぶりは評判になった。様々な分野で優れた能力を発揮したものの、態度だけは問題視された。そのため、どのチームに加えても有用な人員でありながら、雇用主は彼女を監視していた。PMCで働き始めて4年が経った頃、家族から連絡があり、父親が自らの命を絶ったことを知らされた。

父親の死から数ヶ月後、PMCとの契約を打ち切り、GROMの採用試験に備えて訓練を始めた。強固な意志と戦場での優れた技術に感心し、GROMは彼女を仲間として受け入れた。ポーランド軍で犯罪組織ネットワーク対策(CTN)の専門知識を磨き、仲間とともに対象の目的や供給ルートに関する情報を聞き出すための高度な手法を作り出した。

特にオレンジスカイ作戦に参加したことで知られている。諜報活動のスペシャリストであるSEALSのValkyrieと組み、数ヶ月にわたる潜入捜査の末、民間人を誰一人傷つけることなく犯罪組織を解体した。

パーソナリティレポート

確固たる意志を持ち、独創的で、反抗的なエルズビエタは、イラクでの経験から自らの任務に伴う危険をよく理解している。 父親の突然の死に直面し、自らの存在意義、目的を強く求めるようになった。また、死んだ父親に自らの価値を証明することで、自らの過ちを償わなければならないと考えている。父親の記憶に駆り立てられるように非現実的なまでに高い基準を自らに課し、危険な作戦に参加している。