Tom Clancy's Rainbow Six® Siege | Operator YING | Ubisoft® (UK)

戻る
Ying icon

Ying

Ying faction

S.D.U

チーム
攻撃側
役割
crowd-control, front-line
アーマー
スピード
難易度

固有のアビリティ・プレイスタイル

S.A.S.が紹介した新しいタイプのスタングレネードにヒントを得たこの水銀とマグネシウム式の爆発物は、目くらましの閃光を大量に出す。 カンデラデバイスは、表面に固定することもグレネードとして投げることも可能なフラッシュチャージを大量に放出する。

装備

メインウェポン

T-95 LSW

ライトマシンガン

SIX12

ショットガン

サブウェポン

Q-929

ハンドガン

ガジェット

ブリーチングチャージ

クレイモア

固有アビリティ

カンデラ

バイオグラフィ
本名
シュウ・メイ・リン
誕生日
5月12日 - (33歳)
出身
香港、中環

経歴

居心地の良い香港の中環地区で生まれたシュウ・メイ・リンは、特殊部隊(S.D.U.)に参加する前は身辺警護員だった。その鋭い反射神経と抜け目のない近接戦闘手法で、何名かの要人と証人の警護活動を先導した。 近距離での爆発的な力と戦闘スキルを発達させ、卒業後にエリートの保安学校に入学。万能な隊員になることを目指し、イスラエルのテルアビブにある女性訓練施設へと向かった。その後、2年間をそこで過ごし、銃器および運転操作の専門知識を深めた。 プログラムを修了すると香港に戻り、数名の重要人物の保護を請け負った。2008年、誘拐事件に関わったことをきっかけに、再びキャリアの方向を警察へと向ける。 当初は警察作戦部隊の警備部門で用いられていたプロセス見直しのために採用された。当時、彼女の関心は国際的な人質救出活動を指導することにあり、それがS.D.U.への志願に駆り立てた。 フライングタイガー(S.D.U.)として、香港の密集した都市で危険な活動を先導する中、身辺警護での経験を生かして犠牲者を最小限にとどめている

パーソナリティレポート

気さくな態度でとけ込みやすく、顧客やチームメイトを安心させ、落ち着かせる性格の持ち主。 外傷後ストレス障害の潜在的な兆候がある。多数の市民の命に係わる危険性の高い状況に突入する際、自動車事故のフラッシュバックが生じることを自ら認めている。その過激な運転操作が、ストレスに対抗し、記憶を支配する手段となる場合がある