Tom Clancy's Rainbow Six Siege | Operator CAVEIRA | Ubisoft

戻る
Caveira icon

Caveira

Caveira faction

BOPE

チーム
防衛側
役割
intel-denier, intel-gatherer, roam
アーマー
スピード
難易度

固有のアビリティ・プレイスタイル

「ルイソン」はサイレンサーの防護および防音のために鉱石繊維で包まれている。この武器でCaveiraは慎重にターゲットを行動不能にし、尋問を行うことができる。 「ルイソン」は気づかれずに敵を無力化する点で素晴らしいだけでなく、誰も逃げることがない。

装備

メインウェポン

M12

サブマシンガン

SPAS-15

ショットガン

サブウェポン

Luison

ガジェット

防弾カメラ

インパクトグレネード

固有アビリティ

サイレントステップ

バイオグラフィ
本名
タイナ・ペレイラ
誕生日
10月15日 - (27歳)
出身
ブラジル、リノーポリス

経歴

10人兄弟の7番目に生まれ、自分の求めるものを手に入れるための術を自然と養っていった。父親が死去し、母親がわずかばかりの給付金を受け取っていたこと以外、幼少期についてはあまり知られていない。6才の頃、一家はサンパウロ州郊外のまずしい地域への移住を余儀なくされた。 16才になると家出をして行方不明になり、母親が捜索依頼を出して当局の注意を引き始める。その1年後、遠く離れたリオデジャネイロで強盗の容疑により捕まるが、その落ち着きはらった態度と知性は、事件を担当した判事さえも驚かせた。判事は彼女の年齢と性格を考慮して、社会教育を受けて更生する余地があるとの判断を下した。そして少年更生施設(FEBEM)に入るか、リオデジャネイロで特殊警察作戦大隊(BOPE)に協力するかの2択を与えた。 常識や枠に収まらない自分の性質が許される場所であると感じ、BOPEの潜入情報提供者になることを承諾した

パーソナリティレポート

容疑者から情報を聞き出す能力に優れている。BOPEの規律に反する物議をかもす方法を用いながらも、2010年リオデジャネイロ治安危機では取り調べの中心的な役割を担った。現場における彼女の過度な暴力性は、反社会的人格の可能性をにおわせるが、どのテストの結果もそれを裏付けるには至っていない