Tom Clancy's Rainbow Six Siege | Operator CAVEIRA | Ubisoft

戻る
Caveira icon

Caveira

Caveira faction

BOPE

チーム
防衛側
役割
intel-denier, intel-gatherer, roam
アーマー
スピード
難易度

固有のアビリティ・プレイスタイル

「ルイソン」はサイレンサーの防護および防音のために鉱石繊維で包まれている。この武器でCaveiraは慎重にターゲットを行動不能にし、尋問を行うことができる。 「ルイソン」は気づかれずに敵を無力化する点で素晴らしいだけでなく、誰も逃げることがない。

装備

メインウェポン

M12

サブマシンガン

SPAS-15

ショットガン

サブウェポン

Luison

ガジェット

防弾カメラ

インパクトグレネード

固有アビリティ

サイレントステップ

バイオグラフィ
本名
タイナ・ペレイラ
誕生日
10月15日 - (27歳)
出身
ブラジル、リノーポリス

経歴

「全ての子供がどんな大人になるかを選べるわけじゃない」

10人兄弟の7番目として生を受けたペレイラは、サンパウロ州の小さな町に住む未亡人の母のもとで育った。幼少の頃にリオデジャネイロに移住したペレイラは、強盗の罪で逮捕され、少年更生施設に入るか、情報提供者として軍警察に協力するかの選択を迫られる。ブラジルの悪名高いギャングへの数年に渡る潜入捜査は、彼女を尋問や監視の達人へと成長させた。現在も、訓練の指導者として頻繁に軍から協力を要請されている。密室環境における戦術、脱出技術、危険度の高い状況におけるスキルの高さは実に模範的だ。彼女の行動がレインボーの目に留まったのはリオデジャネイロでのセキュリティ危機だったが、彼女が危険かつ奔放なオペレーターであるとの報告はすでに多数上がっていた。一方、ペレイラの私生活についての情報は少なく、多言語を学ぶのが好きなこと、非公式の柔術大会に参加していること以外はほとんど知られていない

パーソナリティレポート

タイナ・“Caveira”・ペレイラが恐れ知らずで知性あるオペレーターだということは、彼女が大胆不敵に任務に臨み、考える前に行動を起こすタイプであり、そして必ず任務を遂行していることを示す数々の報告を読めば一目瞭然だろう。彼女の功績は一定の評価を得ているが、彼女の反抗的な気質のために称賛の声を遠ざけがちでもある。それら全てを考慮して、私は彼女との最初のミーティングに臨んだ[]

軍でのキャリアを情報提供者としてスタートさせたということは、彼女がサバイバーであることを意味する。その文脈で、刑期分の任務を終えた後もその仕事を続けた理由を彼女に尋ねると、そういう生き方を送ることにしたからだと返ってきた。彼女は現在も体制に対しては反抗的な態度を取る。しかし、彼女が「スーパーヒーロー的な正義」をバカにしながらも、自身の役割を真剣に受け止めていることは明らかだ[]

ペレイラは、大家族(とりわけ多くの男兄弟がいる大家族)の力学を理解していないような人々から、無愛想だと非難されることが多い。兄弟との仲は良いとはいえ、彼女は自身に耳を傾けてもらい、存在に気付いてもらうために戦う必要があった。彼女がプライバシーを重んじ、自分のやり方を貫けることに大きな満足感を得ているのも頷ける。同時に、大家族の中では騒音や奔放な行動に慣れており、同年代の人間よりもはるかに深く集団力学の功名さを理解している。それこそ、彼女が尋問を得意とする理由の1つだろう。ただし、その能力を彼女がストリートでどのように磨いてきたかは、正直想像もしたくない[]

ペレイラは、私生活については語らないことを明言していた。彼女がネックレスを触っていた様子を見て、私を軽視しているというよりも、誰か親しい人を守ろうとしているのだと理解した[]

私はペレイラにどのような人物像を期待していたのだろうか? 彼女は決して予測できるような人間ではない。これは悪い意味ではなく、むしろその逆だ。私は彼女の能力や落ち着き、集中力を手放しで信頼している。反抗的と見なす人々もいるが、私はそれを問題解決力の高さだと評価する。ペレイラには驚かされることばかりだが、個人的には彼女は正しいことをやってくれると信じている

-- レインボー・ディレクター、DR.ハリシュヴァ・“Harry”・パンデー