ヒーロースキン

Year 6より、「フォーオナー」ではシーズンごとに1種類のヒーロースキンが新登場。ヒーロースキンでは、それぞれ追加されるシーズンに関わりの深い個性的な背景をもつヒースムーアのキャラクターに変身できる。ここではそれぞれのキャラクターとその伝説の物語をご紹介します。

イヤー6

ウォーデンヒーロースキン

平和をもたらし、人々を守るために、敬虔なナイトが犠牲を払った。彼は聖なる儀式によって、自らの運命をワイバーンに委ね、「不死の聖杯」でその血を飲んだ。ナイトが生き続ける限り、強力なクリーチャーも生き続ける。

詳細

レイダー用スキン「ボルソルンの呪い」

首長ボルソルンは、レイダーの象徴である斧を持ちながら、素手で敵を屠ることでその名を轟かせ、「カラスの支配者」という異名を得た。

詳細

斬魔の勇士 メイコ

戦いが終われば、花が芽吹く。メイコはその花だった。血という水を与えられ、非道な世界で育ちながらも、彼女が同じ過ちを繰り返すことはなかった。民を守るため、驕ることなくその身を捧げる剣聖であったメイコは、無情なる世界において得難き美を楽しむことを忘れぬ数少ない戦士として、愛されていた。

詳細

ブラックプライア用スキン「指揮官レイヴィア」

アラビアに眠る強力な秘宝の噂を耳にしたヴォーティガンは、自身の右腕である指揮官ラヴエを遠方の王国へと送りこんだ。その地はかつて行き着くことができなかったが、新たな道が開拓されたおかげでとうとう手が届くようになったのだ。レイヴィアは使者に成りすまして国王妃と会い、君主の夢や願望を難なく読み取った。欺瞞によって国王妃の支持を得たレイヴィアは、未来を予言することができる遺物「天球」を使えるようになった。

詳しく見る

おすすめコンテンツ

バトルパス

遥かなるアラビアの王国は、天球と呼ばれる遺物の力で何世紀にも渡って繁栄してきた。指揮官レイヴィアは外交官としてアラビアの国王妃のもとへ遣わされるが、ブラックプライアは彼女を亡き者にし、遺物の秘密を盗んでしまう。そして今、レイヴィアは未来の知識だけでなく、はるか昔にアラビアで作られた武器を持ってヒースムーアへ戻ってきた。星々の姿を宿したこの武器は、運命を賭けて戦う者たちによって再び振るわれることになる。星の輝く夜空を楽しみ、全ヒーロー向けの100ティアのリワードを入手しましょう! 「フォーオナー Y6S4: 砕かれた運命」の期間中のみ利用可能。

詳しく見る

新ヒーロー:海賊

一連の大規模な気候変動は、海賊たちにとって新天地を求める契機となった。長きにわたる航海を経て、彼らはついにヒースムーアへとその狙いを定めた。海賊の象徴であるカットラスとピストルを携えた彼らの辞書には、闘争と混沌という言葉しか記されていない。あらゆる船も港も戦士さえも、彼らの凶刃から逃れるすべはないのだ。

詳細