17 April 2019

2 読むのにかかる時間

State of the Game: PvPへの変更点

エージェントの皆さん、STATE OF THE GAME配信の時間です:

STATE OF THE GAMEにようこそ!のストリーミングチャンネルでは毎週放送していますが、『ディビジョン2』の情報は1つにまとめてほしいというプレイヤーのために、ポイントを絞ってお伝えします。初めての方はしっかり見ていってくださいね!

今回ハミッシュが迎えるゲストはRed Storm EntertainmentのCreative Director、Terry Spier氏とGame Systems EngineerのRyan Liebscher氏のお二人。タイトルアップデート3.0でのPvPとダークゾーンへの変更内容について語ってもらいます。さらに、タイトルアップデート3.0のリリース日についても最新情報があります。

SotG_Today_Divider

タイトルアップデート3.0のリリース日が4月25日から5月に延期されました。オペレーション・ダークアワーズことレイドの実装も含みます。ディビジョン初のレイドに寄せられる皆さんの高まる期待と興奮は承知の上で、最高のプレイ体験を確実にお届けしたいという思いからです。結果として、タイトルアップデート3.0のバランス調整にもう少しお時間をいただきます。待ってくださる皆さんに感謝いたします。

その間にタイトルアップデート3.0に関するPTSを開放中で こちらは5月2日までプレイ可能です! PTSは通常のゲームサーバーとは分離し、テスト目的専用に独立しているためゲーム内から持ち込めるものはありません。 定期的にリセットされますので、サーバーダウンに伴いキャラクターの進行もセーブされませんことをご了承ください。 私たちにとってはコミュニティからのフィードバックを収集できる最高の機会ですので、ぜひフォーラムからお聞かせください! それではまとめです:

  • PTSは『ディビジョン2』PC版の所有者みなさまがプレイ可能です。
  • ネタバレを避けるため、PTSにレイドは含みません。
  • PTS中にチートや不正行為、有害なプレイによって与えられた罰則はライブサーバーにも適用されます。

PvPの変更点についてRed Storm EntertainmentのTerryとRyanのQ&A形式でまとめました:

Q: 標準化についての変更内容とその理由は?

A: すべてのプレイヤーは最高ワールドクラス(装備スコア500)に標準化されます。これにより標準化されていてもスキルパワーMODは有効となります。今回の標準化への調整により、公正な体験を残したままで、プレイヤーが選択した強化を楽しみ、パワーを感じることができるようになります。

Q: PvPでのダメージ修正内容は?

A: PvEとPvPのバランス調整は別だという点を改めてご認識ください。PvPのダメージ修正は70%から40%へ減少、これによりプレイヤーは交戦に反応する猶予が与えられます。スキルダメージ修正は20%から25%へ上昇、スキルがより響くようになります。ウェポンアーキタイプもPvP向けに細かく調整されます。

Q: PvPでは腰撃ちでのクリティカルとヘッドショットボーナスが削除されましたが(PvEではまだ有効)この変更の理由は?

A: 私たちはプレイヤーの腰撃ちを重視しないという方向性です。PvEに影響を出さず、PvPで腰撃ちするメリットを減らす方向を選択しました。

Q: ダークゾーンへの変更点は?

A: 手始めにザ・ローグのクールダウンを削除し、ローグ中に死亡するとただちにグループに同期されます。ただしローグ化のクールダウンは残りますのでご留意を。ダークゾーンでのアイテム率を再調整し、より多くの汚染アイテムを持ち運べるようになります。名前付きのボスは必ず汚染アイテムをドロップし、汚染バッグパック容量が6に増加します。したがって調整後のダークゾーンPERKでは10に増加となります。

ランドマークにはゾーン周辺での昇格に短いクールダウンが発生します。これまで、プレイヤーが頻繁に同じランドマークを繰り返し攻略することが分かりました。

ダークゾーンが狭く、空きが多すぎるというコミュニティからのフィードバックを反映しています。このアップデートに加え、ダークゾーンのプレイヤー層を2つに減らします。1~30のプレイヤー層でのマッチングと、全ワールドクラスのプレイヤーのマッチングに分け、ダークゾーンでの体験をより活性化させます。

おそらく、ダークゾーンに追加されるドロップアイテムの最高装備スコアは515になります。こうしてダークゾーンをプレイするプレイヤーに徐々に装備スコアを上げる機会を与えます。

最終的にはプレイヤーは窃盗団のアジトで装備を変更し、自身の選択で特殊弾薬を集めることができるでしょう。

Q: NPCダメージとアーマーへの変更内容とその理由は?

A: 私たちはDZの難易度についてローンチ当初から満足していませんでした。標準化の仕組みへのアップデートによって、AIの難易度を、ゲーム内の他のチャレンジコンテンツに近づける調整することができました。本質的には、ダメージを減少させてキルまでの時間が少し長くなります。最初から致死ダメージが減り、長くプレイを楽しめます。DZにおけるAIのアーマー値が正しく設定されていなかった問題に関して、調査を行いバグを修正しました。

Q: 占領DZはどうなりますか?

A: 占領DZについて細かくPvP調整を追加しましたが、現在はグローバルと同様に調整されています。今後必要とされるこの点を調整できる絶好の機会です。

加えて、デス時のXP損失を減少させ、AIパトロールの数を削除することでPvPの交戦を促進させます。

今後のアップデートでマンハントとローグのステータスを占領DZに再び追加できることをお知らせでき、うれしく思います。 コミュニティから回帰へのリクエストがあったので、変更が実装される時期については追ってお知らせします。

Q: コンフリクトへの変更は?

A: もちろんあります。プレイヤーのアーマー表示は実際のアーマー値になります。致死率のブーストは第三の目標として機能するように50%までに減少させます。

チームのスポーンをチームメイトと同期させ、共に戦闘に入るよう調整します。

Q: エキゾチック武器のタレントについては?

A: PvPではすべてのエキゾチック武器におけるダメージを強化します。ペスティレンスもその対象に含まれますが、エキゾチック武器は素のパワーを出すためには設計されていないことをご留意ください。上記の他の武器もすべて、使うのが楽しい武器であってほしいと考えています。

いくつかの装備や武器タレントは一筋縄では行きません。リスト詳細は配信アーカイブをご確認ください。 詳細についてはタイトルアップデート3.0のリリース間際に出るパッチノートを必ずチェックしてくださいね。

私たちもタイトルアップデート3.0のリリースを心待ちにしています。また、PTSでプレイヤーの皆さんに一足早く体験してもらうことも楽しみです。今後、ますます盛り上がります。みなさんの情熱とコメントに感謝いたします!

そして、『ディビジョン』について語り合う場を探していたら 公式フォーラムや、 Discord のコミュニティ、Redditにぜひ参加してください。

それではまた次回!

『ディビジョン』開発チーム

LinkedIn LogoReddit Logo