22 September 2020

1 読むのにかかる時間(分)

シーズン3 – 機密計画が配信開始!

『ディビジョン2』のシーズン3「機密計画」は、「ウォーロード オブ ニューヨーク」をお持ちの方全員が無料でご利用いただけます。今シーズン、エージェントたちが追跡するのはディビジョンの最重要手配者の一人である、バードン・シェーファーです。ブラックタスクがディビジョンの安定を脅かす中、シェーファーは自らの計画のために巨悪と手を結びます。彼の部隊には4人のローグエージェントが揃い、計画を実行に移す準備は万端です。

Bardon Schaeffer Poster 960x540

1人目のローグエージェント、シェイドの追跡は既に始まっています。ワシントンDCで様々なアクティビティをこなし、シェイドの身辺を調査してください。今回も、新たなマンハントの開始時には15レベル分を上限としたXP2倍イベントが実施され、好調な開幕スタートを切ることができます!15レベル分を最後まで上げて、追加のシーズンキャッシュを獲得しましょう。

しかし、シーズン3はこれだけではありません! その内容の一部を詳しくご紹介します:

  • シーズン3 – 「機密計画」では12週間にわたって期間限定のアクティビティが複数用意されています。各アクティビティの期間は7日間または14日間で、火曜日に終了します。タイマーに注意して全ての目標をクリアしましょう! タイマーはゲーム内のポーズメニュー内にあるシーズンUIから確認できます。

TCTD2 Season 3 Calendar 960x540

  • シーズンレベル – 全てのプレイヤーはレベル1から始まりアクティビティを完了することでレベル100まで上がれます。シーズンランクのレベルを上げると装備、コスメティックアイテム、新しい装備セットのアイテムが手に入ります! また、新しいエキゾチックも入手可能です。フィールドマスターキャッシュも再登場するので、レベル100に達した後も報酬を得ることができます。

- シーズンパス – シーズン2と同様に、任意のシーズンパスが1000プレミアムクレジット($10またはお住まいの地域の通貨で同程度の金額)でゲーム内のストアから購入可能です。シーズンパスがあれば、シーズン中に進行させることで追加のコスメティックアイテムや装備が手に入り、さらに難易度ハードではメインミッション用のデイリープロジェクトが追加されます。

  • シーズンマンハントのターゲット – シェーファーを打倒するためにはまずローグエージェントの部隊を倒す必要があります。シーズンが進行するにつれ、3週間ごとに新しいターゲットが現れ、前述のXP2倍イベントもその都度開かれます。ターゲットは、シェイド、レイス、ダスク、ベルフリーの4人です。4人を排除すると、主要ターゲットが解除され、シェーファーに立ち向かうことが可能になります。マンハントを完了するとスキルヴァリアント「シュラプネルトラップ」が使用可能になります。

  • リーグ – タイムアタックチャレンジが帰ってきます。最も速く、優秀なエージェントの座を賭けて他のプレイヤーたちと競い合いましょう。リーグのランクを上げるにつれ、10種類のリーグ限定報酬が手に入ります! リーグの進行状況は週ごとに取得され、最大2週間は保存されます。

  • グローバルイベント – これらの任意のゲーム内イベントはシーズンUIから切り替えることができ、新鮮なゲームプレイ体験をお届けします! 新しいグローバルイベント「SHDエクスポーズ」も利用可能です! イベントに参加すると成績に応じて最大10個の追加報酬が獲得できます。さらにシーズン3では「ハリウッド」「極性スイッチ」「ガーディアン」イベントが再登場します。

  • 衣料品イベント - エージェントの皆さん、オシャレに着飾る時間です! シーズン3では新しい衣料品イベント「ラストリゾート」が登場します。ゲームをプレイするか、プレミアムクレジットで鍵を購入することで衣料品イベントキャッシュを獲得できます。

  • 報酬 – シーズン3では以下の報酬が入手可能です。これらの報酬はシーズンレベルを進めることで獲得できます。 • シュラプネルトラップ – スキルヴァリアント • ハンターズフューリー – 装備セット • ベルストーンアーマリー – 装備セット • メメント – エキゾチックバックパック • バックファイア – エキゾチックサブマシンガン • 名前付き武器2つ • 名前付き装備2つ • その他盛りだくさん…

注意: 独自のスキルヴァリアントと新しいエキゾチックを除き、上記の装備は全てゲーム内で入手可能です。シーズン追加要素のほとんどは、シーズン前の段階、シーズン開始の1週間前から一般的なアイテムプールに登場します。

LinkedIn LogoReddit Logo

日本のSNSはこちら