エンドゲーム

ワシントンDCの救済は始まりにすぎない

『ディビジョン2』ではエンドゲームとして追加のチャレンジ、ゲームモード、最上級のリワードが用意され、新たなプレイ方法やエージェントのさらなる強化が可能だ

スペシャリゼーション

レベル30に到達したディビジョンエージェントはスペシャリゼーションを解除して1つ選ぶことができる。各スペシャリゼーションには新たなプレイ方法を可能にする固有のシグネチャーウェポンとスキルが装備されている。

サバイバリスト

非常時には非常手段が必要となる。 サバイバリストはトラップやステータス効果を使って周囲の状況をコントロールできる。シグネチャーウェポンである精度の高いクロスボウを装備し、どんなに過酷な環境でもターゲットを仕留められる。

デモリショニスト

時にはステルスだけが戦法ではない。デモリショニストは混沌を操るエージェントで、シグネチャーウェポンであるグレネードランチャーを使い、敵の計画と配置を乱すことに特化している。

シャープシューター

攻撃にすら気付かれないうちにターゲットを排除したいエージェント向きのスペシャリゼーション。シャープシューターはシグネチャーウェポンである強力なスナイパーライフルで、戦場の流れを変えることができる。

ガンナー

いよいよ「ガンナー」が登場。頼れる戦力として、強力なミニガン、新サイドアームを装備し、まったく新しいスキルツリーを持つ。 街の奪還を懸けた戦いの中SHDエージェントの先遣隊として配備される。

テクニシャン

戦場を混乱に陥れたいか?テクニシャンはマルチミサイルランチャーを扱いEMPグレネードと特殊テックハイヴを装備できる。スキルパワー、スキル支援、電波妨害に特化したタレントを備えたテクニシャンはブラックタスクと完璧に渡り合う存在となる。

ファイアウォール

「K8-ジェットストリームフレイムスローワー」を装備するスペシャリゼーション「ファイアウォール」は「ストライカーシールド」で後方にいる味方の与ダメージをブーストすることができます。またファイアウォールは「ファイアスターターソードオフショットガン」をサイドアームに装備し、フレイムスローワーの火力を補うタレントも備えてます。

エンドゲーム

PvP

他のプレイヤーと対決してスキルの高さを見せつけ、強力な装備を獲得しよう

新たな COOPアクティビティ

ディビジョン史上、 最高難度の最新ミッションに挑もう

クラン

エージェントは協力することでさらに強くなる。他のプレイヤーと一緒にプレイし、力を合わせて戦おう

進化し続ける エンドゲーム

『ディビジョン2』では定期的に新しいコンテンツが追加され、エージェントはいつでも無料のストーリーミッション、マップ拡張、新ゲームモードにアクセスすることができる