2 September 2022

開発ブログ:砦や入植地の略奪

ようこそ、キャプテンの皆さん!

前回までの開発ブログをご覧いただければ、ロードアウトのカスタマイズ方法、船員たちによる反乱を防ぎ、武器をきちんと使えるようにしておく戦闘の準備方法、そして船同士の戦いに向けて戦略を練る方法についてはご理解いただけたことでしょう。今回は、そろそろもっと大きな獲物に目を向けてみるとしましょう!


さて、キャプテンの皆さんに、ひとつ注意事項があります。今回の解説は『スカル アンド ボーンズ』の初期バージョンに基づきます。本作は開発中のため、ここで紹介する情報の一部は発売までに変更される場合があります。ご承知おきください。

砦、入植地、停泊地

船員たちと一緒に船での航海を続けていれば、陸地を見つけることもあるはずです。「陸地あるところ、人の痕跡あり」ですから、野営地や入植地、運がよければちょっとした町にでくわすこともあるかもしれません。


本作で発見できるロケーションには、大きく分けて砦と入植地の2種類があります。そのいずれもが、作中の様々な勢力のうちのいずれかが支配していたり、運営していたりする場所です。そうした勢力と良好な関係にあるか、少なくとも中立な関係にある場合は、ほとんどの場所で取引や物資の購入に応じてくれるでしょう。そして、これらの場所は、それぞれの規模などに応じてさらに3つのティアに分類されます。よりティアの高い場所ほど、略奪で得られる資源も多い一方で、抵抗の激しさも増すことになります。駆け出しのキャプテンで、まだ戦闘経験も少ないという場合は、船の装甲や武器をよりアップグレードし、キャプテン自身ももっと腕を磨くまでは、低いティアの場所だけに挑む方が賢明でしょう。


とはいえ、キャプテンの皆さんのことですから、一刻も早く襲撃を行って、相手のお宝を根こそぎ奪いたいとうずうずしておられることでしょう。ですが略奪の話に入る前に、ロケーションを攻撃するとどんなことが起きるのかを簡単にご説明しておきましょう。


[SnB] DevBlog: Pillaging Forts and Settlements - Fort Combat


入植地

インド洋を冒険していると、各地の海沿いに入植地が点在しているのが目につくはずです。一時的な野営地よりは多少マシといった程度の入植地がある一方で、中には町と呼んでも差し支えないほどの大規模な入植地や、貿易の重要な拠点となっている入植地、権力の中枢として機能している入植地もあります。そうした入植地はすべて、取引を行うことのできる場所であると同時に、海賊として略奪の限りを尽くすことのできる場所でもあります。



生産拠点

入植地の中には、様々な資源を集めたり、売却するためにそれらを商品に加工していたりする場所もあります。もし真っ当な暮らしをしたいと考えているのであれば、こうした場所で資源や雑貨を購入して転売したり、自分で加工したりすることもできます。

商船は、頻繁にこうした場所を訪れて取引を行い、商品を積み込みます。その後は、決まりきった貿易路を通って商品を目的地へと運ぶので、航路を推測するのは難しくありません。儲けを得る機会を見逃さない、皆さんのような優秀なキャプテンには言うまでもないでしょうが、こうした情報は時に金よりも価値があるものです。

ここで、生産拠点の一部をご紹介しましょう。

  • 鋳造所: 金属の鉱石が運び込まれ、インゴットに加工される場所です。また、未加工の資源や加工済みのインゴットを購入することもできます。

[SnB] DevBlog: Pillaging Forts and Settlements - Foundry


  • 材木置き場: 木材が集められ、厚板に加工される場所です。新しい船や大砲を製作するために木材が必要な場合は、ここで購入することもできます。

[SnB] DevBlog: Pillaging Forts and Settlements - Fort


停泊地

次はいよいよ砦ですが、その前に停泊地についてもご紹介しておきましょう。停泊地は、略奪の対象にならない特別な場所です。中立的な拠点であり、誰でも船を停泊させて修理したり、物資を補給したり、海で疲れた体を休めることができる場所です。また、停泊地に立ち寄った様々な勢力の代表者やリーダーに出会うこともあります。取引に応じてくれる相手もいますし、運がよければ製作用の貴重な設計図を売ってもらえることもあります。儲け話を探しているキャプテンには、契約を受注するチャンスもあるでしょう。

噂によると、人里離れた場所には、海賊や密輸人が非合法な手段で得たお宝を隠すために使っている停泊地もあるそうです。そういう場所を見つけたら、キャプテンの皆さんもぜひ、お宝を隠したり、さらなる略奪に向けて船倉を空けておいたりするためにご活用ください!

砦は、人口が多く財宝や資源もたくさんある重要な入植地です。権力者たちのもとに富が集まってくる場所であり、武装や防備が整っているのはもちろん、援軍を呼ぶこともあります。最高級の装備を整えた海賊船であっても、そうした砦を略奪するのは容易ではありません。海賊を毛嫌いしており、海からの攻撃には十二分の備えをしているのです。海賊船は見つかり次第攻撃されるので、砦で船を停泊したり取引を行ったりすることはできません。

砦の略奪は極めて困難であり、入念な準備なしには返り討ちにあってしまうでしょう。砦の周囲はたいてい、複数の塔で守られています。スムーズに略奪を進めたいなら、そうした防衛拠点は事前に対処しておくか、襲撃の最中に片づけてしまうべきでしょう。


[SnB] DevBlog: Pillaging Forts and Settlements - Fort


伝説の大海賊に向けてさらなる一歩を踏み出す決意が固まったら、砦を略奪して財宝を我が物としてやりましょう!

略奪開始!

金銀財宝を前にして、ただ指をくわえて見ているだけなんて海賊のすることではありません。本作では、停泊地と街を除くすべてのロケーションで略奪が可能です!略奪を始めるにあたっては、急いで逃げないといけない場合に備えて、ロケーションの下調べを行っておきましょう。望遠鏡を使ってロケーションの偵察を行えば、獲物を詳しく調査し、役に立つ情報を得ることができます。どんな防衛体制を敷いているか、援軍を呼ばれる恐れはあるか、支配している勢力はどこなのか、そして何より重要なのが、どんなお宝が手に入りそうなのかという情報でしょう。下調べなんて性に合わない、という方は省いてしまっても構いませんが、相手がどう出るかすらわからない以上は、手に負えないような事態に巻き込まれてしまう危険性もあることは忘れないでください。もちろん、危険な綱渡りが大好きというタイプのキャプテンであれば、どんどん突っ込んでいくのも1つの手です!

襲撃の際には、天候や時間帯も考慮する必要があります。例えば、夜間であれば船は砦の近くで錨を下ろし、船員たちも眠りについていることでしょう。敵船の虚を突いて優位に立ちたいのであれば、見つかって逃げられてしまう前に大砲の集中砲火を食わらせてやりましょう。



略奪を開始するには、対象に接近する必要があります。一定の距離まで近づくと、略奪を始めることができるようになります。略奪が始まると、相手側の見張り塔などの防衛施設がそれに気づき、海賊船への攻撃を始めます。さらに、砦や入植地は援軍を求めて合図を出そうとします。略奪が進むに応じて状況は刻一刻と変化します。返り討ちにあって船を沈められる羽目にならないためにも、事前に十分な量の修理道具を用意しておきましょう!


[SnB] DevBlog: Pillaging Forts and Settlements - Spyglass Plunder


砦や入植地は、陸からは見張り塔、海からは援軍の船で、略奪に抵抗するために海賊船を攻撃してきます。ここで覚えておいていただきたいのが、こうした防衛のための反応は攻撃の規模によっても変化するということです。仲間のキャプテンたちを引き連れて略奪を行えば、抵抗もより一層が激しくなるでしょう。


[SnB] DevBlog: Pillaging Forts and Settlements - Plunder in Progress


略奪を開始すると、略奪の進み具合をおおまかに確認できるゲージが表示されます。皆さんがキャプテンとしてすべきことは、略奪中の場所を離れず、敵の防衛施設や援軍を無力化することです。それにより、ゲージは進んでいきます。一定のところまでゲージが進むたび、そこまでに手に入れた戦利品が確保されます。戦利品を得た時点で略奪を終えて逃げるのも、最後まで徹底的に略奪し尽くすのも、キャプテンの皆さん次第です。

略奪の結果

では次に、略奪を行った結果としてどのような展開があり得るのかを見てみましょう。

  • 略奪者の船が沈んだり、略奪品を得る前に逃げたりした場合は、防衛側の勝利となり、略奪は失敗に終わります。
  • 対象を完全に略奪し尽くす前に逃げた場合は、略奪は一部成功となります。敵の抵抗が想定よりも激しかった場合や、予定通りに事が運ばなかった場合は、一定の成果を得て逃げてしまうのも何ら恥ずべきことではありません。悪名には多少影響がありますが、船が沈まないことが何よりも重要ですし、積み込んだ戦利品は持ち帰ることができます。
  • 一番いい結果は、最後まで略奪を続け、敵の全防衛施設と援軍を撃退して、略奪を完遂できた場合です。お宝をすべて頂戴して、勝利者として凱旋航海を楽しみましょう!

略奪に成功した場合でも、戦利品を手に入れたら、長居は無用です。後から来た援軍は、略奪が終わっていても海賊船を攻撃してきます。すぐに安全な港に移動して、手に入れた財宝をゆっくりと堪能しましょう。

そして略奪完遂のあかつきには、悪名が上がり、資源や雑貨、シルバーなどのお宝が手に入ります。おめでとうございます船長!ただし、略奪した砦や入植地は、しばらくのあいだ、話し合いや取引に応じてくれなくなります。

勢力の敵対度

当然ながら、伝説の大海賊になるための道のりは簡単ではありません。その過程では、多くの相手の怒りを買うことになるでしょう。入植地や砦を略奪する、船を沈めるなどの行動をとると、相手の勢力の敵対度が上がります。一定まで敵対度が上がった勢力は、見つけ次第こちらを攻撃してくるようになります。幸い、時間は多くのことを解決してくれます。敵対していた勢力も徐々に怒りを収めてくれますし、小競り合いがあった程度の相手ならば、じきに水に流してくれるでしょう。ただし、調子に乗って特定の勢力の船や入植地を襲いすぎると、当たり前ですが、その勢力は激怒し、当分のあいだは敵対したままになってしまいます。そんな場合は、どうすればいいのでしょう?

例えば、街や停泊地に船を停泊させ、ほとぼりが冷めるまでおとなしくしておくのは1つの手です。あるいは、敵対勢力を避けながら海の旅を続けることもできるでしょう。身を潜めたくないのであれば、それ以上の攻撃を避け、敵対を長引かせないように注意しましょう。しかし、敵対的な勢力に機嫌を直してもらうための方法は、他にもあります。


[SnB] DevBlog: Pillaging Forts and Settlements - Mako Lacy


怒りを買った勢力との関係を修復するには、以下の方法があります。

  • 街にいる補給屋を訪れる。補給屋は顔が広いので、金さえ払えば、必要な相手に賄賂を贈り、勢力に許してもらえるようとりなしてくれます。
  • 停泊地にいる敵対勢力の代表者やリーダーのもとを訪れる。代表者やリーダーに金を払えば、和解することができます。

相手の怒りを鎮めるか、時間の経過で忘れてもらえれば、敵対的になってしまった勢力とも再び取引することができるようになります。また怒らせてしまったら、話は別ですが…

さて、キャプテンの皆さん。船のロードアウトのカスタマイズや船員の世話、海と陸での戦い方や略奪の方法については、これでご理解いただけたことでしょう。悪名を高めて、次なる大海賊に成り上がる心構えはできましたか?

『スカル アンド ボーンズ』の最新情報を見逃さないよう、TwitterFacebookInstagramでのフォローもお忘れなく!

ソーシャルシェア

日本のSNSはこちら