2020813

最優先課題とコミュニティの懸念点

更新:2020年8月13日

今後、定期的に以下の一覧を更新し、コミュニティのために緊急を要する特定の問題の状況をまとめていきます。ただしこちらは詳細を網羅したものではありません。あくまで、対応方針を大まかに把握するための参考としてご覧ください。

最優先課題

新しい音声パッケージシステム

概要: 音声データを全体として格納・使用する方法の見直しを、優先的に検討しています。

現時点では特定の問題に対して解決できる範囲に限りがありますが、この改良によってゲーム音声に関する作業が行いやすくなる見込みです。

こちらの詳細については、ステータスレポートのブログをご覧ください

現状: Y5S3中の対応を目標

音源定位の不一致

概要: 音声の方向が反転し、多大な混乱や反応を引き起こしてしまう場合があります。

その現象が発生する地点から情報を収集し、新たな方法を検討中です。

これにより、事態を解明するための明瞭で信頼性のある技術情報を手に入れ、解決策を導きだすことが可能になる見込みです。

現状: 対応中

コンソール版のDDoS攻撃

概要: パートナー企業と緩和策を策定しながら、引き続き状況を監視中です。問題が解決するまでは、今後も攻撃に関する最新情報をご報告します。

現状:対応中

チートとハッキング

概要: 今シーズンY5S3も、新たな対抗策を含め、引き続きチーターへの課題に取り組んでまいります。

BattlEyeとの連携を強化すると共に、チーターの特定にも一層力を入れていきます。

チート対策に関して詳細を知りたい方は関連ブログ記事をご参照ください

また、現状のMMRロールバックシステムから頻発されるストレスを低減させるべく対応中です。こちらも詳細は関連ブログ記事からご確認いただけます

現状: 対応中

ゲームプレイに関する最重要課題

ドローンによる爆弾地点を検出できない問題

概要: 散々頭を悩ませ、数え切れない程の試行錯誤を繰り返しながら5年の調査を経て…皆さま、大変お待たせしました。奴を捕まえました。

多くのプレイヤーが遭遇したこの問題は、ドローンが特定の爆弾地点をスポットしないというものでした。

原因は、ドローンを回している際に一緒にそのドローンを見ている他プレイヤーに紐づいており、そのプレイヤーが次のドローンを見ると、爆弾地点を検出するフラグも一緒に移動してしまうということが判明しました。

今度こそ解決し、今後は再現しないと自信をもってご報告いたします。

現状: Y5S3中の対応を目標

時間切れのフィードバック

概要: 現在のタイマーシステムが潜在的に不一致を起こしており、本件はY5S2.1アップデートから認識されていました。

さらに、タイマーを測定システムに置き換え、画面表示との整合を高める予定です。

他にも、検知されない「時間切れ」の時間を微調整するよう検討中ですが、議論を詰めています。

現状: Y5S4中の対応を目標

小物をガジェットで破壊する際の一貫性

概要: マップ上の小物がガジェットに干渉または破壊された場合に一貫性がない問題が確認されています。

投擲物の軌道とオブジェクト破損の一貫性を展開したY4S4のように、小物に対する展開型ガジェットのシステム調整に取り組んでいます。

現状: Y5S3中の対応を目標

ズーム倍率ごとの感度設定

概要: ズーム倍率やサイトごとに、個別の感度を設定できるように開発を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標

フラッシュへの反応、一貫性の改善

概要:フラッシュに対する、ゲーム側の反応の信頼性を高める改良です。オブジェクトや障害物のせいで、敵にフラッシュの効果が及ばない減少が多発していました。フラッシュバンや他の類似ガジェットの有効性を保証するために、環境内で光の反射をシミュレーションしたいと考えています。

現状:Y5S4中の対応を目標:

跳躍の検出コード

概要:跳躍動作を簡単に安心して行えるように、検出コードの改良を検討しています。

現状:Y5S3中の対応を目標

コミュニティに関する最重要課題

マッチのキャンセル

概要: 片方のチームが人数不足である試合に投入されたプレイヤーのストレスへの対処策としてマッチキャンセル機能を実装しました。

皆さんからのフィードバックを考慮しながら、マッチキャンセル機能をさらに改良中です。

現状: Y5S4中の対応を目標

オペレーター使用停止時の通知とフィードバックの改善

概要: オペレーターの使用がゲームによって停止された際の、ゲーム内での通知とフィードバックを改善します。

これまで不具合の悪用が発覚した際に、プレイ体験を向上させるためにオペレーターの使用を停止せざるをえなかったことがありました。このような状況が発生した際に、プレイヤーに分かりやすいフィードバックを行えるよう開発を進めています。

現状: Y5S3中の対応を目標

ディフューザー設置時の反応の改善

概要: ディフューザーに対して操作を行った際に、多くの問題が発生していました。Y5S4では次の不具合に対応します。

  • プレイヤーが爆弾エリアにいると、ディフューザーの設置プロンプトが表示されないことがある
  • プレイヤーがエリアの境界上にいると、爆弾エリア外にディフューザーを設置できてしまう
  • 設置作業時に、プレイヤーがディフューザーを手放してしまう

現状:Y5S4中の対応を目標

ディフューザー回収における改善

概要: 通過してもディフューザーを拾うことができない場所でディフューザーを落とすことができてしまいます。特にマップ外が多く、隙間や溝、オブジェクトの間、穴などで発生します。

これを修正するために、少し離れて「ディフューザーを拾う」インタラクションを作成しました。他のガジェットを拾う際と同様に機能します。

現状: Y5S3.3中の対応を目標

通知システム

概要:アップデート後に表示される大量の古い&無関係なお知らせを減らし、そのプレイヤーに関連性のある情報であることを常に確認できるよう、管理側のシステム改善を検討中です。

特定の変更に対するゲーム内の視認性を上げるため、ポップアップ通知の合理化を検討中です。こちらについては追って詳細をお知らせします。

現状: Y5S3の対応を目標


更新日:2020年6月26日

今後、定期的に以下の一覧を更新し、コミュニティのために緊急を要する特定の問題の状況をまとめていきます。ただしこちらは詳細を網羅したものではありません。あくまで、対応方針を大まかに把握するための参考としてご覧ください。

最優先課題

新しい音声パッケージシステム

説明:音声データを全体として格納・使用する方法の見直しを、優先的に検討しています。

現時点では特定の問題の修正能力が限定されていますが、この改良によってゲーム音声に関する作業が行いやすくなる見込みです。

こちらの詳細については、ステータスレポートのブログをご覧ください。

現状:Y5S3中の対応を目標

コンソール版のDDoS攻撃

説明:パートナー企業と緩和策を策定しながら、継続的に状況を監視しています。問題が解決するまでは、今後も攻撃に関する最新情報をお知らせします。

現状:対応中

チートとハッキング

説明:今後もすべてのパートナー企業と緊密に連携を取りながら、チート使用者の判別、通報、特定をできるだけ効果的に実施します。

Steel Waveでは、レベル50到達までランクマッチをロックしたり、チャンピオンランク到達までに100試合のプレイ条件を設けたりする抑止策を導入しています。

開発チームでは、今後も状況の改善を続けられるように、他の対応策も用意しています。こちらについては、まもなく詳細をお伝えできる予定です。

現状:対応中

プロフィールパネルと通報

説明:ゲーム内の通報パネルに、問題の発生状況や通報内容の説明を追加します。問題に効果的な対処をするために、プレイヤーからの報告精度を向上させることによって、効果的な情報収集が行えるようになります。

現状:Y5S2.2中の対応を目標

ゲームプレイに関する最重要課題

バランス調整

説明:Steel Waveのテストサーバー試験中に、追加オペレーターのバランス調整を求める声が多く届きました。プレイヤーからのご意見とテストサーバーで得られたデータを評価した結果、追加オペレーターに2.1パッチで数点のバランス調整を行うことになりました。

Melusi

  • ペナルティゾーンを約33%縮小します。
  • 1人称視点におけるバンシーの効果音を抑えます

AceおよびHibana

  • 爆発物を床に設置したときに、補強材を突破してBanditのバッテリーを壊すことができなくなります。 現状:Y5S2.1中の対応を目標

ガジェットの備品破壊挙動の一貫性

説明:ガジェットがマップ上の備品に干渉・破壊する際に、一貫性のない挙動を見せることがありました。

備品を射撃で破壊する際の挙動に一貫性を持たせたY4S4と同様に、展開ガジェットが備品と干渉する際の挙動についても、システム調整を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標

ズーム倍率ごとの感度設定

説明:ズーム倍率やサイトごとに、個別の感度を設定できるように開発を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標:

フラッシュへの反応、一貫性の改善

説明:フラッシュに対する、ゲーム側の反応の信頼性を高める改良です。オブジェクトや障害物のせいで、敵にフラッシュの効果が及ばない減少が多発していました。フラッシュバンや他の類似ガジェットの有効性を保証するために、環境内で光の反射をシミュレーションしたいと考えています。

現状:Y5S4中の対応を目標:

跳躍の検出コード

説明:跳躍動作を簡単に安心して行えるように、検出コードの改良を検討しています。

現状:Y5S3中の対応を目標

コミュニティに関する最重要課題

マッチのキャンセル

説明:一方のチームのメンバーがそろっていない状態でマッチが開始されてしまう現象に対処するために、マッチのキャンセル機能を開発しています。こちらの機能は、すでにテストサーバーで体験された方もいらっしゃるでしょう。

この変更は、メンバーがそろっていないことを条件に、マッチを早い段階でキャンセルできるようにするためのものです。

現状:Y5S2.1中の対応を目標

オペレーター使用停止時の通知とフィードバックの改善

説明: オペレーターの使用がゲームによって停止された際の、ゲーム内での通知とフィードバックを改善します。

これまで不具合の悪用が発覚した際に、プレイ体験を向上させるためにオペレーターの使用を停止せざるをえなかったことがありました。このような状況が発生した際に、プレイヤーに分かりやすいフィードバックを行えるよう開発を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標

ディフューザー設置時の反応の改善

説明:ディフューザーに対して操作を行った際に、多くの問題が発生していました。Y5S4では次の不具合に対応します。

  • プレイヤーが爆弾エリアにいると、ディフューザーの設置プロンプトが表示されないことがある
  • プレイヤーがエリアの境界上にいると、爆弾エリア外にディフューザーを設置できてしまう
  • 設置作業時に、プレイヤーがディフューザーを手放してしまう

現状:Y5S4中の対応を目標

通知システム

説明:ゲーム内の通知システムで、時期外れや既読の情報が頻繁に届いてしまっていました。これを、プレイヤーと関係のある通知が届くようにする必要があります。

現状:Y5S3中の対応を目標

確認済みの不具合

  • 特定の場所で旋回を行うと、マッチをプレイしている全員のFPSが減少することがある
  • バンシーの当たり判定が不正確で、モデルよりも大きく設定されている
  • ディフューザーを民家の2F メインベッドルームのハッチ周辺に設置できてしまう

更新日:2020年6月26日

今後、定期的に以下の一覧を更新し、コミュニティのために緊急を要する特定の問題の状況をまとめていきます。ただしこちらは詳細を網羅したものではありません。あくまで、対応方針を大まかに把握するための参考としてご覧ください。

最優先課題

新しい音声パッケージシステム

説明:音声データを全体として格納・使用する方法の見直しを、優先的に検討しています。

現時点では特定の問題の修正能力が限定されていますが、この改良によってゲーム音声に関する作業が行いやすくなる見込みです。

こちらの詳細については、ステータスレポートのブログをご覧ください。

現状:Y5S3中の対応を目標

コンソール版のDDoS攻撃

説明:パートナー企業と緩和策を策定しながら、継続的に状況を監視しています。問題が解決するまでは、今後も攻撃に関する最新情報をお知らせします。

現状:対応中

チートとハッキング

説明:今後もすべてのパートナー企業と緊密に連携を取りながら、チート使用者の判別、通報、特定をできるだけ効果的に実施します。

Steel Waveでは、レベル50到達までランクマッチをロックしたり、チャンピオンランク到達までに100試合のプレイ条件を設けたりする抑止策を導入しています。

開発チームでは、今後も状況の改善を続けられるように、他の対応策も用意しています。こちらについては、まもなく詳細をお伝えできる予定です。

現状:対応中

プロフィールパネルと通報

説明:ゲーム内の通報パネルに、問題の発生状況や通報内容の説明を追加します。問題に効果的な対処をするために、プレイヤーからの報告精度を向上させることによって、効果的な情報収集が行えるようになります。

現状:Y5S2.2中の対応を目標

ゲームプレイに関する最重要課題

バランス調整

説明:Steel Waveのテストサーバー試験中に、追加オペレーターのバランス調整を求める声が多く届きました。プレイヤーからのご意見とテストサーバーで得られたデータを評価した結果、追加オペレーターに2.1パッチで数点のバランス調整を行うことになりました。

Melusi

  • ペナルティゾーンを約33%縮小します。
  • 1人称視点におけるバンシーの効果音を抑えます

AceおよびHibana

  • 爆発物を床に設置したときに、補強材を突破してBanditのバッテリーを壊すことができなくなります。 現状:Y5S2.1中の対応を目標

ガジェットの備品破壊挙動の一貫性

説明:ガジェットがマップ上の備品に干渉・破壊する際に、一貫性のない挙動を見せることがありました。

備品を射撃で破壊する際の挙動に一貫性を持たせたY4S4と同様に、展開ガジェットが備品と干渉する際の挙動についても、システム調整を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標

ズーム倍率ごとの感度設定

説明:ズーム倍率やサイトごとに、個別の感度を設定できるように開発を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標:

フラッシュへの反応、一貫性の改善

説明:フラッシュに対する、ゲーム側の反応の信頼性を高める改良です。オブジェクトや障害物のせいで、敵にフラッシュの効果が及ばない減少が多発していました。フラッシュバンや他の類似ガジェットの有効性を保証するために、環境内で光の反射をシミュレーションしたいと考えています。

現状:Y5S4中の対応を目標:

跳躍の検出コード

説明:跳躍動作を簡単に安心して行えるように、検出コードの改良を検討しています。

現状:Y5S3中の対応を目標

コミュニティに関する最重要課題

マッチのキャンセル

説明:一方のチームのメンバーがそろっていない状態でマッチが開始されてしまう現象に対処するために、マッチのキャンセル機能を開発しています。こちらの機能は、すでにテストサーバーで体験された方もいらっしゃるでしょう。

この変更は、メンバーがそろっていないことを条件に、マッチを早い段階でキャンセルできるようにするためのものです。

現状:Y5S2.1中の対応を目標

オペレーター使用停止時の通知とフィードバックの改善

説明: オペレーターの使用がゲームによって停止された際の、ゲーム内での通知とフィードバックを改善します。

これまで不具合の悪用が発覚した際に、プレイ体験を向上させるためにオペレーターの使用を停止せざるをえなかったことがありました。このような状況が発生した際に、プレイヤーに分かりやすいフィードバックを行えるよう開発を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標

ディフューザー設置時の反応の改善

説明:ディフューザーに対して操作を行った際に、多くの問題が発生していました。Y5S4では次の不具合に対応します。

  • プレイヤーが爆弾エリアにいると、ディフューザーの設置プロンプトが表示されないことがある
  • プレイヤーがエリアの境界上にいると、爆弾エリア外にディフューザーを設置できてしまう
  • 設置作業時に、プレイヤーがディフューザーを手放してしまう

現状:Y5S4中の対応を目標

通知システム

説明:ゲーム内の通知システムで、時期外れや既読の情報が頻繁に届いてしまっていました。これを、プレイヤーと関係のある通知が届くようにする必要があります。

現状:Y5S3中の対応を目標

確認済みの不具合

  • 特定の場所で旋回を行うと、マッチをプレイしている全員のFPSが減少することがある
  • バンシーの当たり判定が不正確で、モデルよりも大きく設定されている
  • ディフューザーを民家の2F メインベッドルームのハッチ周辺に設置できてしまう

更新日:2020年6月26日

今後、定期的に以下の一覧を更新し、コミュニティのために緊急を要する特定の問題の状況をまとめていきます。ただしこちらは詳細を網羅したものではありません。あくまで、対応方針を大まかに把握するための参考としてご覧ください。

最優先課題

新しい音声パッケージシステム

説明:音声データを全体として格納・使用する方法の見直しを、優先的に検討しています。

現時点では特定の問題の修正能力が限定されていますが、この改良によってゲーム音声に関する作業が行いやすくなる見込みです。

こちらの詳細については、ステータスレポートのブログをご覧ください。

現状:Y5S3中の対応を目標

コンソール版のDDoS攻撃

説明:パートナー企業と緩和策を策定しながら、継続的に状況を監視しています。問題が解決するまでは、今後も攻撃に関する最新情報をお知らせします。

現状:対応中

チートとハッキング

説明:今後もすべてのパートナー企業と緊密に連携を取りながら、チート使用者の判別、通報、特定をできるだけ効果的に実施します。

Steel Waveでは、レベル50到達までランクマッチをロックしたり、チャンピオンランク到達までに100試合のプレイ条件を設けたりする抑止策を導入しています。

開発チームでは、今後も状況の改善を続けられるように、他の対応策も用意しています。こちらについては、まもなく詳細をお伝えできる予定です。

現状:対応中

プロフィールパネルと通報

説明:ゲーム内の通報パネルに、問題の発生状況や通報内容の説明を追加します。問題に効果的な対処をするために、プレイヤーからの報告精度を向上させることによって、効果的な情報収集が行えるようになります。

現状:Y5S2.2中の対応を目標

ゲームプレイに関する最重要課題

バランス調整

説明:Steel Waveのテストサーバー試験中に、追加オペレーターのバランス調整を求める声が多く届きました。プレイヤーからのご意見とテストサーバーで得られたデータを評価した結果、追加オペレーターに2.1パッチで数点のバランス調整を行うことになりました。

Melusi

  • ペナルティゾーンを約33%縮小します。
  • 1人称視点におけるバンシーの効果音を抑えます

AceおよびHibana

  • 爆発物を床に設置したときに、補強材を突破してBanditのバッテリーを壊すことができなくなります。 現状:Y5S2.1中の対応を目標

ガジェットの備品破壊挙動の一貫性

説明:ガジェットがマップ上の備品に干渉・破壊する際に、一貫性のない挙動を見せることがありました。

備品を射撃で破壊する際の挙動に一貫性を持たせたY4S4と同様に、展開ガジェットが備品と干渉する際の挙動についても、システム調整を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標

ズーム倍率ごとの感度設定

説明:ズーム倍率やサイトごとに、個別の感度を設定できるように開発を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標:

フラッシュへの反応、一貫性の改善

説明:フラッシュに対する、ゲーム側の反応の信頼性を高める改良です。オブジェクトや障害物のせいで、敵にフラッシュの効果が及ばない減少が多発していました。フラッシュバンや他の類似ガジェットの有効性を保証するために、環境内で光の反射をシミュレーションしたいと考えています。

現状:Y5S4中の対応を目標:

跳躍の検出コード

説明:跳躍動作を簡単に安心して行えるように、検出コードの改良を検討しています。

現状:Y5S3中の対応を目標

コミュニティに関する最重要課題

マッチのキャンセル

説明:一方のチームのメンバーがそろっていない状態でマッチが開始されてしまう現象に対処するために、マッチのキャンセル機能を開発しています。こちらの機能は、すでにテストサーバーで体験された方もいらっしゃるでしょう。

この変更は、メンバーがそろっていないことを条件に、マッチを早い段階でキャンセルできるようにするためのものです。

現状:Y5S2.1中の対応を目標

オペレーター使用停止時の通知とフィードバックの改善

説明: オペレーターの使用がゲームによって停止された際の、ゲーム内での通知とフィードバックを改善します。

これまで不具合の悪用が発覚した際に、プレイ体験を向上させるためにオペレーターの使用を停止せざるをえなかったことがありました。このような状況が発生した際に、プレイヤーに分かりやすいフィードバックを行えるよう開発を進めています。

現状:Y5S3中の対応を目標

ディフューザー設置時の反応の改善

説明:ディフューザーに対して操作を行った際に、多くの問題が発生していました。Y5S4では次の不具合に対応します。

  • プレイヤーが爆弾エリアにいると、ディフューザーの設置プロンプトが表示されないことがある
  • プレイヤーがエリアの境界上にいると、爆弾エリア外にディフューザーを設置できてしまう
  • 設置作業時に、プレイヤーがディフューザーを手放してしまう

現状:Y5S4中の対応を目標

通知システム

説明:ゲーム内の通知システムで、時期外れや既読の情報が頻繁に届いてしまっていました。これを、プレイヤーと関係のある通知が届くようにする必要があります。

現状:Y5S3中の対応を目標

確認済みの不具合

  • 特定の場所で旋回を行うと、マッチをプレイしている全員のFPSが減少することがある
  • バンシーの当たり判定が不正確で、モデルよりも大きく設定されている
  • ディフューザーを民家の2F メインベッドルームのハッチ周辺に設置できてしまう