プログラム

俺たちの戦いは終わらない。

俺たちは、戦闘の終結を望んでいる。武器をおさめ、混沌なき世界を思い描くことを。もしかしたら、そんな夢が叶う日が来るのかもしれない。まだ、見果てぬ夢が。だが今は、人類の存続を揺るがす大きな脅威が世界各地にはびこっている。既知の脅威と、未確認の脅威が。あるものは明からさまに姿を現す一方で、あるものは陰と欺瞞のうちにその身を忍ばせている。俺たちの戦いはまだ終わらず、いつ遭遇することになるかわからないそんな脅威に、立ち向かわなければならない。世界で戦闘が勃発するたびにレインボー部隊を結集するだけでは、明らかに不十分だ。戦闘能力を広範に伝えつつ、最大限に強化しなければ。

だから俺は、このプログラムを創出した。

最強の精鋭オペレーターたちが一堂に会し、互いから新たな学びを得ることで、さらに力をつけて帰って行く。所属するのがCTUやNGO、どんな組織でも構わない。彼らはここで学んだ教訓を持ち帰り、次世代の戦士たちへと継承してゆくことができる。これは卓抜した能力と情熱を、伝播させてゆくためのプログラムだ。このチャンピオントーナメントは、始まりに過ぎない。この世から戦いが姿を消すその日まで、訓練を続けよう!

始めるんだ。 今、この地から。__

Dr.Harishva “Harry” Pandey、レインボー・ディレクター

イベント「Road to S.I.2020」

Harryによって集められた世界最高のオペレーターたちが、スタジアムでその実力を示そうとしている。5週間に及ぶイベント「Road to Six Invitational 2020」をプレイして、その試みに加わろう。

最新マップでは防弾仕様のガラス壁の登場によって戦術の幅が広がり、解放状況に関わらずオペレーター全員を使ってプレイが楽しめる。さらに6人のオペレーターには、特別なイベントのために固有衣装を用意。Blitz、Caveira、Hibana、Mozzie、Sledge、Thermiteはテーマに沿った限定スポーツウェアに身を包み、戦場に姿を現すだろう。

バトルパス「ROAD TO S.I. 2020」

多彩なリワードを収録した、完全版の「レインボーシックス シージ」バトルパスが新登場。バトルパス「Road to S.I. 2020」で無料・プレミアムの各ルートが5週間にわたってプレイ可能となり、収益の30%がSix Invitationalの賞金に割り当てられる。

オペレーターたちが国を代表して戦うなかで、彼らが戦闘で着用するために作られた衣装を解除することができる。35段階のランクと2種類のルートを通じて、バトルパスで合計50個のリワードを獲得しよう。クラスを上げると、コンペティターの限定装備などが手に入る。

バトルパス紹介

シミュレーション

死亡シミュレーションについての覚え書き

宛先:HARRY

差出人:MIRA

全オペレーターはR6-LABSが開発したシミュスーツを着用する。彼らはこのスーツを戦闘ギアの内側、最下層に着けているわ。このシミュスーツによって、オペレーターの全被接触データがリアルタイムで提供され、想定ダメージを計算しつつ、身体に超高速フィードバックを与える仕組みよ。

限界値以上の想定ダメージを受けたオペレーターは、行動能力を失ってしまう。それから他の全オペレーターが周囲を一掃し、マップを出て、各自の控えエリアに向かったときは通知が届くようになっている。ヘッドショットを食らえば当然、「即死」と判定される。ちなみに、シミュスーツには一切防御力がないの。トーナメントで使用する疑似弾薬と疑似爆弾で死に至ることはなく、オペレータに接触すると白煙が上がるようになってるわ。もっとも、高エネルギー性の発射物に違いはないから注意は必要で、当たったら怪我をするわ。当たり所次第では、かなり痛い思いをする。

最後に、このシステムではオペレーターが実際の戦闘よりも多くの「ダメージ」を受けられるようになっている。言い換えれば、「殺傷力」が低い分だけ敵を倒すためにたくさん苦労しなきゃいけないってことね。

Dr.Elena “Mira” Álvarez, R&Dディレクター

スタジアム

「スタジアム」についての覚え書き

宛先:全オペレーター

差出人:MIRA

オペレーター諸君、研究開発部門の長として、みんなを第二の故郷へ歓迎する!ここはみんなの家よ!

おそらく気付いているでしょうけどこのスタジアムはかつて、17世紀の英連邦競技大会のために建てられたもの。世界各地の開催地と同じように、すぐに見捨てられて朽ち果てた場所なの。でも今はプログラムによって、施設を私たちのためにまるごと再築して、再設計して、再生したというわけ!特にエンジニアリングチームとは、私自身が緊密に連携して、私たちオペレーターが自分を極限まで追い込める完璧な環境を構築した。

設備はジムや医療エリア、射撃場、寮、24時間食べ放題の食堂、ラウンジ、映画館に至るまで最新鋭のものをそろえたわ。それと言うまでもなく、巨大な新しい研究開発研究所もね。ここでKaliと私が、新しいおもちゃをタップリと作ってあげる。

それを最新鋭の完全モジュール式マップ施設で試すことができる、最高の環境が整ったわ!ここでは設計済みの部屋モジュールを好きなだけ通路でつないで、ちょっと待てばマップを完全に再構成することができるの。そのおかげで、いつでも新しい試験環境で自分を鍛えることができるわ。各チームの控えエリアにも全員分の待機スペースを用意することで、倒れたオペレータが仲間の戦いをモニタリングして、必要なときに援護できるようになっている。

ちょっと過ごせば、勝手はすぐに分かるはず。私に聞質問があれば、研究室まで来てちょうだい。そこでなにかを爆破してるはずよ。

Mira

開催情報

プレースベル 1950 リュ クロード=ガルニエ通り ラヴァル、ケベック、H7N 5H9 カナダ

イベントガイド地図を表示

協賛企業