フォーオナーY7S1: Heresy

その遺物はヒースムーアを一つにするはずだった。しかし、常軌を逸したたちは、あろうことかその伝説を神の啓示として礼讃するようになった。やがてあらゆる礼拝の場は、火刑のしもべという狂信者たちに支配されていく。そして、こう囁かれるようになった。彼らは歪んだ信仰の名のもと、闇の行いに手を染めていると。それに応えるべく、遺物審問教会が結成された。すべての異端を粛清すること… それこそが彼らの使命だった。

インチェンは正義の心で審問教会に加わった。海賊だった彼女は、文明が見せかけの偶像に堕落する様を目の当たりにしてきたからだ。邪教徒の処刑は平和のための代償だった。しかし、教会は雑草を摘むだけでは満足しなかった。そしてインチェンは気付いてしまった。火刑のしもべたちが行ってきたあらゆることよりも醜悪な大量虐殺に自分は加担していると。

そして今、審問官インチェンは反抗の叫びを上げる。この宗教戦争に終止符を打つためには、2つの軍勢と戦わねばならない。

内容

デス・バイ・メタル

審問教会は遺物の砦での戦いに勝利した。もはや審問官インチェンと邪教徒が無実を証明する道はただ一つしかない… 闘争による試練だ。異端の罪をかけられたなら、力を示せ。己の鉄の意志が試されるときが来た。

テストグラウンド

4月6日から4月13日まで、テストグラウンドの門が開かれます。今回のテストグラウンドでは、ロウブリンガーと女侠への変更に関するテストを実施します。テストグラウンドは、ヒーローやその他の戦闘システムへの変更が実際のゲームに実装される前に、それをテストするためのものです。これらの変更が実際のゲームに導入されるとは限りませんのでご了承ください。実際のゲームに追加される変更を決定するには、皆様からのフィードバックが必要です。ぜひご参加いただき、フィードバックを送ってくださるようよろしくお願いします!

遺物の異端

遺物の砦、そこにこの宗教戦争の行方は委ねられる。審問教会が砦に進軍するさなか、邪教徒たちは3つの遺物を集め、最後の抵抗に備えている。両陣営は遺物の所有をめぐり、因縁の争いを繰り広げる。しかし、審問官インチェンは、どちらも予想しなかった第三勢力となり、遺物を手にするため両軍に牙をむく。

海賊ヒーロースキン「審問官インチェン」

海賊のインチェンは、正義の心で審問教会に加わった。その心に従い、狂乱する邪教徒の支配下にあるヒースムーアの民を救おうと決心していた。しかし、審問教会が無辜の民を無慈悲に殺し始めたとき、彼女は自分の信じる道が誤っていたことを知った。今、彼女は2つの勢力を相手取る無法者の戦士となった。この狂気の戦いに終止符を打つ、その揺るぎない覚悟を秘めて。

詳しく見る

新シーズンのカスタマイズ

火刑のしもべが猛威を振るい始めたころ、この歪んだ邪教徒を滅ぼし、遺物を破壊するために結成されたのが審問教会である。異端審問官となる戦士が選ばれ、彼らとその従者たちが戦いに臨むために新たな武器や鎧が鍛えられた。この装備、そして、手段を選ばぬ心があれば、異端審問の意志は必ずや果たされるだろう。邪教徒の血が流れ、唯一無二のホルコスの力が全てを支配するのだ。

バトルパス

火刑のしもべは失われた4つの遺物をよりどころとする闇の教団を組織した。彼らは、遺物の大いなる力を手にすれば、ヒースムーアに大いなる変化が訪れると信じている。火刑のしもべは、この遺物の祭壇を崇拝する者なら誰であろうと喜んで迎え入れる。そして彼らは、神聖なる探求の道を切り開くため、信者たちのために新たな武器を鍛えた。彼らがかつて忠誠を誓った勢力がどこであろうと問題ではない。すべては火刑の下でひとつになるのだから。この武器で、信心なき者は倒れるだろう。そこには憐れみも、赦しも存在しない。

底知れぬ闇の中へ足を踏み入れ、全ヒーロー向けの100ティアのリワードを解除しましょう! 「フォーオナーY7S1: 異端」の期間中のみ利用可能。

バトルパスを入手

おすすめコンテンツ

バトルパス

大変動のあと、数多くの命が失われ、希望は消え去った。各勢力の戦士たちは生き残りをかけ、資源を得るために必死で戦っている。そのためには、武器が必要だ。黒く、鋭い、この時代にふさわしい武器が。戦士たちは、同胞が生き延びる望みを繋ぐためとあれば、行く手を阻むあらゆるものを切り捨てる。

詳しく見る

新ヒーロー: ヴァランジアンのガード

ヴァランジアンのガードは、ヒースムーアの国境を越えた遠方の地において、長く繁栄を築いているヴァイキングの傭兵団である。戦士たちは仲間との絆を何よりも大切にし、その献身の精神は絶対の忠誠心を表すものとして名高い。一度立てられたヴァランジアンのガードの誓いが破られることはない。雇い主のため、そして自分自身のため、常に忠実であり続ける。