2021 March 8

1 読むのにかかる時間(分)

イヤーファイブシーズン1:戦闘チームアップデート

戦士の皆さん、こんにちは!

戦闘チームのJCがイヤーファイブの最新情報をお伝えします!

まず最初に、イヤーフォー シーズン4のテストグラウンドでテストを行ったウォーデンの改善がリリースされます。これについては好評をいただいており、小規模な改善と不具合修正を行いましたが、ウォーデンはキット面において前回のテストグラウンドからは基本的に変わっていません。ウォーデンの変更の詳細については、現地時間の3月11日(木)にリリースされるパッチノートをご覧ください。

また、イヤーファイブのテストグラウンドについてのエキサイティングなお知らせもあります!

ウォーデンの改善

皆さんからのフィードバックのおかげで、ウォーデンをリリースする準備がほぼ整いました。時間をかけて皆さんから寄せられたフィードバックに目を通し、取得したデータを分析した結果、ウォーデンはテストグラウンドのバージョンをほぼそのままでリリースできるという確信が得られました。

不具合修正以外で最も大きな変更点は、ウォーデンのサイド強攻撃フィニッシュのダメージが、特に強攻撃(上)フィニッシュと比べて大き過ぎたので、他の攻撃と足並みが揃うように下方修正した点です。

さらに、ウォーデンと女侠の戦技「濃い血」にも変更を行います。これに関しては、特定のヒーローのキットがほぼ完全に無効化されてしまうというフィードバックが多く寄せられていました。この問題の解決策として、今後は「濃い血」で出血と炎攻撃が無効化されないようになり、代わりに反撃発動時に体力が回復されるようになります。これによって、「濃い血」の集団戦闘における有用性は維持しながらも、特定のヒーローに対するハードカウンターではなくなります。

イヤーファイブ テストグラウンド

イヤーファイブでは、テストグラウンドをより頻繁に実施して、実装予定のバランス調整をテストします。

イヤーフォー シーズン4での野武士とピースキーパーの変更と同様に、有用性が低いヒーローの強化を予定しています。全体的な目標は、弱いと考えられているヒーローの有用性を他ヒーローと同じレベルにまで引き上げることです。私たちは、より多様なヒーローが選択されるようにしたいと考えており、これはその目標に向けた大きな一歩となります。

また、前回のテストグラウンドで守護鬼の「天魔の抱擁」に問題があるというフィードバックが寄せられていたので、新たな変更を行います。前回と同じ方向性ながらも、プレイヤーの皆さんから寄せられたフィードバックを反映する予定です。

次のテストグラウンドでは、新たな守護鬼の変更をテストできるだけでなく、他の複数のヒーローへの改善もテストできるようになります。さらなる情報をおたのしみに!