18.12.2020

STATE OF THE GAME #2

先月のSTATE OF THE GAMEの記事以降、『ウォッチドッグス レギオン』で一部のプレイヤーが遭遇していた様々な不具合に対応してきました。その詳細を振り返る前に、プレイヤーとコミュニティの皆さまに感謝の意を述べさせていただきます。ゲームに関する好意的なコメント、ツイート、投稿、素晴らしいフィードバック、修正が必要な不具合の特定に役立つ詳細な報告を数多く寄せていただきました。チームは本来あるべき状態でゲームを皆さんにお楽しみいただけるように鋭意取り組んでおり、TU2.4のリリースによってそれが達成できました。

ゲームの安定性

最新パッチにより、全てのプラットフォームでスムーズなゲームプレイを体験できるように安定性の問題に修正を実施しました。これにより、メインメニューに移動する際やチームに大人数の工作員がいる時などに報告されていたクラッシュの問題が解消されています。さらに全てのプラットフォームにおけるクラッシュをそれぞれ個別に調査し、プラットフォーム特有の不具合を修正すると共に、ゲームの安定性を全面的に向上させました。

PCのパフォーマンス

TU2.40ではPC向けに他にも多くの修正が行われ、ゲームのパフォーマンスを満足できる状態に改善しています。以前も触れたとおり、適したGPUをご使用の場合にしっかり60 FPSでプレイ可能にすることが目標であり、ここ1ヶ月のアップデートによってそれが達成できたと考えています。また、AMDのGPUでもRaytracingを使用可能にしており、皆さんがフォトモードで撮影した作品をTwitterで@WatchDogsGameのタグを付けて共有してくれることを楽しみにしています。

セーブデータの破損

Xbox Series X|Sを使用するプレイヤーのセーブデータの問題を解消するため、TU2.40では進行状況がセーブされない原因となっていた不具合も修正しました。さらに、PlayStation®︎4およびPlayStation®︎5において、クラウドセーブのアップロード成功時に、失敗した旨の誤ったエラーメッセージが表示される不具合も修正しました。

タイトルアップデート

これまで、タイトルアップデートでは快適なゲームプレイを目指す改善と不具合の修正に重点を置き、ゲームプレイ体験の強化を続けてきました。パッチノートの全文はフォーラムでご覧いただけます。これから先は、不具合の修正や改善に加え、『ウォッチドッグス レギオン』のオンラインモードをはじめとする新コンテンツも数多く含まれるようになります。

オンラインモードとその他

以前の記事で触れたとおり、これまではオンラインモードよりも、シングルプレイで一部のプレイヤーに未だに発生していた不具合の修正に重点を置いてきました。TU2.4のリリース後は、快適かつ完成度の高い状態でリリースできるようにオンラインのゲーム体験をテストしているところです。

『ウォッチドッグス レギオン』のオンラインモードは現在、来年初頭にリリースされるタイトルアップデートで実装される予定です。これによって『ウォッチドッグス レギオン』にオンライン要素が導入され、最大4人のプレイヤーで近未来のロンドンを探検したり、一緒に新しいミッションをプレイしたり、初めてのタクティカルOPに挑戦したり、初のPVPモードとなるスパイダーボットアリーナで戦ったりできるようになります。オンライン導入により、新たなゲームモードやプレイ可能な新コンテンツ、プレイヤーを驚かせるようなものなどをお届けしていきます。『ウォッチドッグス レギオン』のオンラインモード、およびシーズンパスに含まれるストーリーDLCの具体的なリリース日については、年明けにお知らせいたします。

念願だった『ウォッチドッグス レギオン』のリリースを迎えられたのは、ひとえに皆様のおかげです。今後続々とリリース予定のコンテンツも楽しみにお待ちください。それでは近未来のロンドンでお会いしましょう!

共有する

日本のSNSはこちら