2021218

凄腕の強盗、FLORESが登場

どうも、Harry。

Gridlockよ。Ashは忙しいみたいだから、代わりにサンティアゴ・“Flores”・ルセロの近況をあんたに伝えるように頼まれたの。私が彼とDokkaebiと一緒によくランチに行くのを知ってたみたい。彼もテクノロジーやガジェットが好きだから、私とDokkaebiとは色々と馬が合ってね。

Floresは私たちが提供したリソースに大喜びしてた。しばらくの間、ずっとMiraの研究室に入りびたりだったわ。Miraの方もはじめは煙たがってたけど、そのうち彼の有用性に気が付いたみたい。彼が自作した装備や武器は、どれもMiraとはまた違ったユニークな発想で作られているそうよ。

Floresはブエノスアイレスで育ったことについてはあまり話さない。でも、故郷やロサンゼルスで強盗の対象にしてた大物犯罪者たちのことになると、打って変わったように饒舌になる。どれも英雄譚のような話だったけど、私も思わず信じたくなるくらいには説得力があったわ。Ashも彼のことをただの強盗じゃなく、確固たる信念を持つプロフェッショナルだと言ってた。そうじゃなきゃ、そもそも彼をアルゼンチンから連れ出したりしないだろうしね。

総合的に見て、彼は良い仲間になれると思う。少し不器用な部分があるとはいえ、たいていの連中よりはちゃんと人の話を聞いてくれる。毎晩、家に電話して夫と話してるみたいだけど、2人の関係については内密にしてるらしい(少なくとも私には)。彼は基本的に他人のことを気に掛ける人間だけど、夫のことになると次元が変わるわ。指輪を外す時も、決して身体から離さない。

Ashが彼を連れてきたのは正解だったと思う。彼女にも何らかの事情があったのは間違いないけど、そのことが問題になるとは思わない。重要なのは、Floresが持つ能力、視点、そして彼が持ってきた自作の小さな爆発性デバイスよ。早く彼が任務に出るところを見たいわ。きっと大勢の人が驚くことになるから。

-- トーリ・“Gridlock”・ファイルース

2月21日に公式チャンネルtwitch.tv/rainbow6にアクセスして、「Crimson Heist」および「レインボーシックス シージ」の次のYearに関する詳細情報をチェックしましょう。

日本のSNSはこちら