202281

チート対策のステータスアップデート – 2022年7月

BATTLEYEおよびデータ禁止処分

更新のたびに、BattlEyeおよびデータ禁止処分における最新の数値を共有します。

以下は最新のBattEyeおよびデータ禁止処分件数です。6月末までのデータを含みます。

[R6S] News article - Anti-Cheat Status Update July 2022 - Battleye and Data Bans


チート対策の修正

Vector Glare全体でプレイヤーに影響を及ぼすチートを修正してきました。最新のチート対策のステータスアップデートで実装された修正についてご覧ください。

  • プレイヤーの即時キル
  • 他のプレイヤー全員をクラッシュさせる

現在も複数のチート修正を行っています。内容について今お伝えできることはありませんが、今後のアップデートにて修正の詳細をお知らせする予定です。


電話番号のブラックリスト

「シージ」にはこれまでに電話番号による認証が実証されていますが、この機能をさらに拡張できるよう開発を行っています。

チート使用者が繰り返しチートを使えないようにするため、次なるステップとして電話番号のブラックリスト化を行います。これにより、BAN処分を受けたチート使用者のアカウントと紐付けされている電話番号がブラックリストに入り、別のアカウントであっても同じ電話番号を使用できなくなります。


ご協力いただくための方法

ゲーム内でチート使用者を報告

ゲーム内での報告が、チート行為を報告するための最善策であることは今までと変わりません。各プラットフォームを通じてチート使用者を報告する際に以下の情報をいただけると、使用者を特定し、ペナルティを課すうえで非常に役に立ちます。

  • チート行為の明確な証拠となる動画や画像
  • チート使用者のユーザー名およびユーザーID
  • 関連するマッチのID
  • チート行為が行われた日時

チート使用者を見かけたかもしれないと思ったら、マッチリプレイで確認することもできます。


リバースフレンドリーファイヤーの評価ペナルティ

リバースフレンドリーファイヤーの評価ペナルティの目的は、違反行為を繰り返し検知した際に、対抗策を発動して違反プレイヤーが他のプレイヤーに及ぼす影響を軽減することが目的です。

導入計画

Y7S2.2より、警告だけが発動する「猶予期間」を開始しています。この期間の目的は、プレイヤーの皆さんが新たなシステムに適用できるようサポートすることです。猶予期間の終了後、違反行為を繰り返す違反者への対抗策が有効になります。

導入後の挙動

フレンドリーファイヤーを何度も行うプレイヤーには、まずは警告が表示されます。警告後もフレンドリーファイヤーを続ける場合は、リバースフレンドリーファイヤーの評価ペナルティが発動し、そこからの30マッチではリバースフレンドリーファイヤーが自動でオンになります。

日本のSNSはこちら