2020520

「レインボーシックス」eスポーツの新たなヨーロッパプログラムをご紹介

「シックスインビテーショナル2020」で発表されたとおり、「レインボーシックス シージ」のeスポーツプログラムが大幅に変更されます。「レインボーシックス」最大の祭典である「シックスインビテーショナル」への出場をかけて、ヨーロッパ、北米、ラテンアメリカ、およびアジア太平洋の4地域で各プログラムが並行して開催されます。

ヨーロッパプログラムは6月22日より開催となり、新たなヨーロッパリーグの幕開けとなります。

「レインボーシックス」eスポーツのヨーロッパリーグが新たなフェーズを迎える前に、重要な変更点をおさらいしておきましょう。

世界大会

各地域リーグは、「シックスインビテーショナル」の出場資格を獲得するための世界大会への登竜門となっています。4つの地域を勝ち上がってきたチームは、3つの「Major」および地域予選を含む地域・世界大会で対決します。そこで各チームは継続的なパフォーマンスに対して報酬を付与される新たなポイントシステムによってランク付けされます。

各対戦シーズンは、3月から翌年の2月まで約1年間に渡って開催されます。各シーズンは4クォーターに分けられます。最初の3クォーターは地域リーグにおける3つの「ステージ」に対応しています。5週間のプレイ期間を経て、各地域から勝ち上がったベスト4のチーム、計16チームが集う「Six Major」で締めくくられるのです。グローバルランキングに入ると、各ステージで報酬金とポイントが与えられます。このグローバルランキングによって、毎年開催される「シックスインビテーショナル」に出場できる16チームが決定します。シーズンの最終クォーターで、各地域の上位チームが「シックスインビテーショナル」の出場権を獲得します。シーズンは「レインボーシックス」最高峰の大会「シックスインビテーショナル」で幕を閉じます。

これに加えて、各地域の予選を通貨した4チームが「シックスインビテーショナル」の予選枠を獲得するため、合計20チームが出場できます。

2020年の最初のシーズンにおけるグローバル戦は少し異なります。プロリーグ・プログラムの移行と終了に伴い、今年のプログラムは2ステージへ短縮され、「Six Major」が2回開催されます。

[R6S] News - EU Program

ヨーロッパリーグ

ヨーロッパリーグはヨーロッパにおける「レインボーシックス シージ」最高峰の戦いの舞台です。合計10チームが参加し、2020年最初のシーズンではヨーロッパプロリーグのシーズンXIから8チーム、ヨーロッパチャレンジャーリーグのシーズンXIからベスト2チームが参加することになります。

アジア太平洋、北米、およびラテンアメリカなどで開催されるその他の地域プログラムと平行し、ヨーロッパリーグは3つのステージに分けられます。各ステージは総当たり戦を9日間行い、すべてのチームが互いに1回ずつ対戦します。勝者には3ポイント、引き分けは1ポイント、敗者には0ポイントが与えられます。すべてのチームが互いと対戦を終えた時点で各ステージが終了となります。

ヨーロッパリーグの対戦は月曜日と水曜日の午後6時(中央ヨーロッパ時間、日本時間は翌日午前1時)にTwitchYouTubeの「レインボーシックス」eスポーツチャンネルにて配信されます。

ステージ終了後は、ヨーロッパリーグのポイントシステムに応じて選出されたヨーロッパリーグランキングの上位4チームが、「Six Major」への参加資格を獲得します。対戦の最終順位に応じて、「シックスインビテーショナル」への参加資格争奪戦といえるグローバルランキングのポイントも獲得します。

「Six Major」に参加するチャンスを逃しても、5位から8位の間にランキング入りしたチームも「シックスインビテーショナル」に向けたグローバルランキングのポイントが与えられます。

ヨーロッパリーグの3つのステージはこの構成で開催されます。各ステージの開始とともにヨーロッパリーグのランキングがリセットされます。

そして最後に、ヨーロッパリーグの3つすべてのステージが終了すると、11月に3ステージのランキングが合算され、地域内のシーズン最終ランキングが決定します。スペシャルイベントを通じて上位4チームがヨーロッパチャンピオンの称号をかけて対戦します。最終ランキングの最後のチームはヨーロッパチャレンジャーリーグで残留戦に参加し、9位のチームは残留戦プレーオフで対戦することになります。

[R6S] News - EU Program

ヨーロッパチャレンジャーリーグ、およびリーグ戦の原点であるナショナル戦

ヨーロッパチャレンジャーリーグはヨーロッパリーグに参加するための登竜門です。ですが、チームがチャレンジャーリーグで対戦するには、先にナショナル戦で己の腕を証明する必要があります。

ヨーロッパのゲーム界隈の力の根源は、地域中から集結する非常にスキルが高いプレイヤーたちにより作られています。本シーズンよりヨーロッパのナショナルプログラムがより大規模な国際プログラムにおいて重要性を増すため、多層なeスポーツシーンが構築され、さまざまなレベルやエリアのプレイヤーが対戦できるようになります。4年前に初めて行われた「レインボーシックス」eスポーツプログラム以降、ヨーロッパのローカルシーンを開発するのにかなり注力してきました。新たなヨーロッパプログラムとともに、さらに力を注いでいく予定です。ナショナルチャンピオンは今後開催されるヨーロッパチャレンジャーリーグシーズンの参加枠を獲得できるので、ナショナルプログラムで勝てばチャレンジャーリーグに挑戦する資格が与えられるのです。ナショナルチャンピオンが既にヨーロッパリーグに参加する場合は次点のチームが参加枠を獲得し、次点のチームが既に参加資格を保有している場合は3位のチーム… という風に続きます。

ヨーロッパチャレンジャーリーグの終盤では、上位2チームに対してヨーロッパリーグの次のシーズンに挑戦するチャンスが与えられます。

2つのチームは地域決勝戦の最中に開催される残留戦プレーオフで対戦します。対戦の勝者がヨーロッパリーグの最後のランク入りチームの座を獲得します。敗者はヨーロッパリーグで9位となったチームとさらに対戦し、どちらのチームがヨーロッパリーグの次のシーズンに参加できるかを決定します。

[R6S] News - EU Program

ここまでの情報をまとめると、ヨーロッパチャレンジャーリーグは集結した12チームを以下のように分けます:

  • ヨーロッパ・ナショナルチャンピオンシップのチャンピオンの9チーム。2020年のシーズンの場合、フランス、GSA(ドイツ、スイス、オーストリア)、イギリス、スペイン、イタリア、北欧、ベネルクス、ポーランド、およびロシアが該当します。
  • 残留戦システムで勝ち残った2チーム: ヨーロッパリーグで自動的に選出されたチーム(最後にランク入りしたチーム)および残留戦プレーオフの敗北チームを含みます。ただし、2020年の新シーズンではこの2枠はチャレンジャーリーグのシーズンXIに参加したチームのパフォーマンスに応じて決められます。3位と4位についたDefuseKidsとPENTAの2チームに枠が与えられます。
  • オープン予選から1チーム

チャレンジャーリーグに参加するチームは以下の形式で対戦します:

  • グループフェーズ: 過去のシーズンのシード権に応じて、1グループ6チームの2グループに分けられます。1回限りの総当たり戦が行われます。各グループのベスト4のチームがプレーオフへ進みます。
  • プレーオフ: 11月に入ると各グループの上位4チームが対戦し、地域決勝戦に進める2チームを決定します。プレーオフに関する詳細は今後ご紹介いたします。
  • 地域決勝戦: 以下をご確認ください。

ヨーロッパチャレンジャーリーグの対戦が秋に開始となります。詳細は今後ご紹介いたします。

ヨーロッパチャンピオンになるまでの道

12月に開催される地域決勝戦では、特定の地域における今シーズン最高のチームが決定します。ヨーロッパの場合、「ヨーロッパリーグ決勝戦(EU決勝戦)」というスペシャルイベントがそれにあたります。

3つのステージの結果を合算することで決まるヨーロッパリーグの最終ランキングに応じて、ヨーロッパリーグの上位4チームにEU決勝戦に参加する資格が与えられます。

本イベントでは前述の残留戦プレーオフも開催され、次のシーズンのヨーロッパリーグに参加できる2つのチームを決定します。EU決勝戦の形式の詳細は後ほどお知らせいたします。

真新しい配信体験を楽しもう

2020年開催のシーズンではUbisoftがeスポーツリーグ観戦を改良する大きな一歩を踏み出し、一新された最先端の配信スタジオを取り入れます。

ヨーロッパリーグとチャレンジャーリーグの対戦はオンラインでプロのチームが競うことになりますが、専門家のグループが私たちとパリへ同行し、新たなスタジオから配信する予定です。 私たちの才能溢れるチームや舞台裏で活躍するUbisoftの方々一同、「レインボーシックス」eスポーツ・ヨーロッパの新しいステージを皆さんにお披露目できることを楽しみにしています。

スタジオの見た目や雰囲気は最初の対戦までのお楽しみにとっておきたいと思っていますが、追加される要素をチラッとだけお見せします:

• 才能溢れるスタッフが配信するために使用する最高品質の道具や資材など。

• クルーが対戦の詳細を提供するための、専用の分析用エリア。

• 対戦中にチームが披露してくれるアクション満載のショーのほか、ディベート、編集品、インタラクティブなコンテンツなどの新しい種類のコンテンツ。

• 観戦者がさらにのめり込めるような配信を制作するための、バックステージの技術的な改善。

専門家、スタッフ、および協力者の皆さまの健康と安全が私たちの第一優先事項なので、新しいスタジオはヨーロッパリーグの初日までに間に合いません。6月22日に行われる第1戦では、本来のスタジオのライト版をお見せすることになります。これはあくまでの一時的な解決策で、状況が改善しましたら完全版のスタジオへと切り替える予定です! 近日中にさらに情報をお知らせいたします。乞うご期待ください。

eスポーツアクティビティに関連する情報については、レインボーシックスeスポーツのほか、私たちが運営するヨーロッパ北米アジア太平洋、およびラテンアメリカ地域のTwitterアカウントをご確認ください。舞台裏を知りたい場合は、レインボーシックスeスポーツのインスタグラムをフォローしてください。レインボーシックス シージについての詳細は、過去の記事をご確認ください。