オペレーション「NEON DAWN」 | シーズン | レインボーシックス シージ | ユービーアイソフト (Ubisoft JP)

「レインボーシックス シージ」の5年目が、白熱のシーズン「Operation Neon Dawn」で盛大に幕を閉じます! そして今回は、新たな防衛オペレーターAruniがタイから参戦! 彼女はドローンや発射体を攻撃するデバイス「スーリヤ・ゲート」を駆使して戦います。敵を翻弄する新たな固有アビリティの登場です。

「高層ビル」のマップ刷新からシーズンウェポンスキンまで、今シーズンの変更点を以下のパッチノートにまとめました。アクセシビリティ機能やEchoのYOKAI、HibanaのX-KAIROSに関する情報もありますので、ぜひご確認ください。

DR.ハリシュヴァ・“Harry”・パンデー

レインボー・ディレクター

「長年刑事として働いていたAruniは、直感的に周囲の状況を読み取る超自然的と言っていいほどの能力を身に付けている…」

アファ・“Aruni”・タワンルーンは、ありのままの自分に満足しています。その動きは自然な優雅さに満ち、バンコクのマーケットを歩いていても、フォーマルな場のような雰囲気が漂います。恐れを知らず、視界の全てを支配する仕事ぶりは、自然環境下を闊歩する頂点捕食者のようです。

Aruni

防衛側

メインウェポン

P10 RONI

サブマシンガン

Mk 14 EBR

マークスマンライフル

サブウェポン

PRB92

ハンドガン

ガジェット

防弾カメラ

有刺鉄線

体力
スピード

DR.エレナ・“Mira”・アルバレス

R&Dディレクター

「ゲートの破壊力にはいつも驚かされる。あのエネルギー消費でここまでのダメージとは」

固有アビリティとプレイスタイル

設置したゲートからは、動くものを感知するレーザーアレイが放たれる。侵入者を検知するとレーザーのエネルギー出力が上昇し、対象に第二度から三度の熱傷を与える。ダメージの最大化とエネルギー消費の抑制を実現するべく、1時間近く紙束やらフルーツやらを投げ込んで最適な設定を導き出した。

マップの刷新: 高層ビル

ゲームプレイのバランス調整と動線の改良を行うため、マップ「高層ビル」を刷新しました。屋上へのラペリングが可能になったことで、新たな攻撃アプローチが生まれます。加えて竜の像を屋内に変更し、2Fの家とレストランを繋ぐ橋の役目を果たすようにしました。

いくつかの出入口はバランス調整のためにふさがれ、攻撃側のキャンプ(屋外に留まること)を防ぐためにバルコニーの一部も削除されています。以上のような変更はありますが、マップ全体の特質やアートスタイルはしっかり維持されています。

JÄGERクールダウン

Jägerのアクティブディフェンスシステムは、敵発射体を迎撃した際に10秒間のクールダウンが発生するようになります。このクールダウンが終了するまで次の迎撃は行えません。ただし、チャージ数は2発から無制限に変更となります。

HIBANAのランチャー発射数切り替え

HibanaのX-KAIROSランチャーは一度に6個のX-KAIROSを撃ち出す仕様でしたが、ハッチの破壊には4個で十分でした。そこでランチャーの仕様を変更し、発射数を2/4/6個の間で切り替えてリソース管理が行えるようにしました。

ECHOのYOKAIを可視化

EchoのYOKAIドローンは、天井に設置した際に姿が消えなくなります。これは元々の透明化能力から生じるフラストレーションを解消し、バランス調整を行うための変更です。YOKAIの設置に高い戦略性が求められるため、Echo使用時にはこれまでと違うスキルを鍛えることができます。

逃走タイマー

屋外に逃走した防衛オペレーターが探知されるまでの時間を、2秒から1秒に短縮しました。HUDには、カウントダウンテキストではなくデバフアイコンが表示されるようになります。

この変更は、攻撃側がラウンド序盤に感じ得るフラストレーションの軽減を目的としており、まだ屋外にいる段階で排除される可能性を下げる狙いがあります。探知が早まることで防衛側は屋外に出るリスクが高くなり、より慎重な判断が求められるようになります。攻撃側にとっては、防衛オペレーター探知時に戦略を練る時間的余裕が増します。

ディフューザー設置に関する探知挙動の改善

ディフューザー設置時に誤って落としてしまうことがないよう、爆弾エリアの端に落とすことができないエリアを追加しました。さらに、ディフューザー設置アニメーションをオペレーターの足元に近づけました。これにより、ディフューザーの設置が家具などのオブジェクトに妨げられなくなります。

ガジェット同士のインタラクション

ガジェット同士のインタラクション挙動について、一部変更を加えました。特に大きな変化としては、付着型ガジェットの大部分が、これまでは弾かれていた防弾仕様ガジェットにも適切に付着するようになります。たとえばAshのブリーチング弾をMelusiのバンシーソニックディフェンスに付着させて破壊することも可能になります。

チャットのアクセシビリティ

音声からテキスト、テキストから音声への変換オプションをゲーム内チャットチャンネルに追加します。オプションメニューにはさらに、ナレーションやヒントといったチャット補助機能も加えました。チャットとフォントスケールに関する音声/ビジュアルキューの調整も可能となります。

シックススガーディアン

シーズンによって様々なチャリティに関連した期間限定セットが登場するプログラム「シックススガーディアン」が、Year 5シーズン4より開始されます。間もなく公開される、DOCシックスガーディアンセットの情報をどうぞお楽しみに。

オペレーターの価格引き下げ

今シーズンはDokkaebi、Vigil、Zofiaが10,000名声ポイントまたは240 R6クレジットになります。また、KaidとNomadが15,000名声ポイントまたは360 R6クレジットに、KaliとWamaiが20,000名声ポイントまたは480 R6クレジットになります。

NEON DAWNウェポンスキン

チャンピオンにふさわしいシーズンウェポンスキンで、一年を堂々と締めくくりましょう! ひと目で只者じゃないと感じさせる「ゴールドインパクト」ウェポンスキンを使えば、敵も思わず身構えます。

こちらのウェポンスキンは、シーズン開始からシーズン終了までの間に購入が可能です。解除したウェポンスキンは使用可能な全ての武器に適用でき、プレイヤーのインベントリに残り続けます。

オペレーターのバランス調整

これらの変更点は、間もなく公開されるデザイナーズノートのブログ記事で、分類しながら詳しくご説明します。

HIBANA

  • X-Kairosランチャーが放つ弾の数を2、4、6発から選べるようになりました。エイム時には照準線と赤色のハイライトが表示されます。これらのガイド表示は、選択した設定によって変わります。

JÄGER

  • ADSデバイスが投射物を破壊すると、10秒間のクールダウンが発生します。クールダウン中は、敵の投射物に干渉できません。
  • ADSデバイスの迎撃可能回数がこれまでの2回から無制限になりました。

ECHO

  • YOKAIドローンのクローキング機能が廃止され、常に視認できるようになりました。

ASH

  • ブリーチング弾の所持数が2から3に増えました。
  • ブリーチング弾のダメージが90 HPから50 HPに減少しました。
  • スタングレネードがクレイモアに替わりました。

TWITCH

  • ブリーチングチャージがスタングレネードに替わりました。

WAMAI

  • Mag-Netの所有数が5から4に減りました。
  • デバイスの自動破壊時に、Mag-Netが起爆しなくなりました。
  • 展開型シールドがインパクトグレネードに替わりました。

DOKKAEBI

  • スタングレネードがフラググレネードに替わりました。

VALKYRIE

  • 展開型シールドがインパクトグレネードに替わりました。

調整と改良

ゲームのバランス調整

屋外のオペレーター検知

  • 屋外の敵オペレーターを検知する際の所要時間が2秒から1秒に減少しました。
  • タイマーがUIのゲージ表示に替わりました。

プレイの快適性

再接続状態

  • 退出が意図的だったか否かを問わず、再接続できるマッチがあるかがプレイヤーに表示されるようになりました。
  • これは、プレイヤーハブやプレイセクション、多モード画面、マッチメイキング画面で再接続操作を明確に示すためのものです。

補強の高速化

  • 補強時の所要時間が5.5秒から4.5秒に短縮されました。
  • 準備フェーズの改良を継続して実施しました。

キャスターHUD

  • ゲームに残っているプレイヤーの数が常にHUDに表示されるようになりました。
  • プレイヤー数が変化すると、新しいアニメーションが表示されます。

プレイリストのガイドのアップデート

  • カメラを統合し、プレイヤーに有益な情報を追加して、リストの主な特徴の概要を表示させるために、アップデートを行いました。
  • マッチ時間からメインルール、ゲームモードに至るまでの、それぞれのプレイリストの特徴と、自分に合ったリストを簡単に知ることができるようになりました。
  • MMRの説明や部隊の制限、爆弾モードとBANフェーズの仕組み、マッチ放棄時のペナルティに関するより具体的な対戦情報が、ランクマッチのガイドに追加されました。

ゲームの健全性

ディフューザー設置システム

  • 攻撃側がディフューザーを設置している際の、ディフューザーの検知と挙動が改良されました。
  • 爆弾エリアの外にディフューザーを設置できなくなりました。
  • 誤ってディフューザーを落下させないようにするために、爆弾エリアなどの部屋の周辺に小さな「落下禁止ゾーン」を設けました。
  • ディフューザーの設置を確認するための検知処理が、プレイヤーとディフューザー双方の位置を考慮して行われるようになりました。
  • ディフューザーをオペレーターの真下に設置できるようになり、壁やマップ上の備品に密着した状態でも設置できるようになりました。

アイテムの展開と接着

  • 設置済みガジェットの上に他のガジェットを展開しようとすると、展開操作がブロックされるようになりました。
  • 投射物が防弾ガジェットに接着するようになりました。

3Dウェポンスキン

  • 3Dウェポンスキンを徐々にゲームに追加しています。
  • これは、プレイヤーに提供するコンテンツの品質を向上させて、カスタマイズの選択肢を充実させるためのものです。

主な不具合修正

今シーズンに修正を実施した、ゲームに悪影響を及ぼしていた不具合の詳細は、次のリンクからご覧いただけます。

不具合修正一覧

日本のSNSはこちら