Demon Veil | シーズン | レインボーシックス シージ | Ubisoft (JP)

『レインボーシックス シージ』Year 7の最初のシーズン、「Demon Veil」の登場です! 警視庁の警官から民間のボディガードに転身し、幅広い経験を持つ最新オペレーター「Azami」がレインボーシックスに加わります。集中力が高く、確固たる信念を持つ彼女は、チームメイトを護る場面で実力を発揮します。彼女のKIBAバリアーは戦場に新たな展開をもたらすでしょう。詳しくは以下のパッチノートをご覧ください。

Dr.ハリシュヴァ・“Harry”・パンデー

行動分析官

「Azamiは自分の身を呈してまで他人を護る... そこが気がかりだ」

藤原“Azami”加奈が訓練を続ける集中力は圧倒的だ。八幡を殺した犯人たちに裁きを受けさせるという決意は理解できる。できるかぎりのリソースを提供し、捜査に協力したい。その過程で彼女が新たな目的を見つけられることを祈っている。

Azami

防衛側

メインウェポン

9X19SVN

ACS12

ショットガン

サブウェポン

D-50

ハンドガン

ガジェット

インパクトグレネード

有刺鉄線

体力
スピード

Dr.エレナ・“Mira”・アルバレス

R&Dディレクター

「Azamiはバリアーを武器に変化させた… KIBAバリアーのキャニスターは以前に比べて改良されたけど」

固有アビリティとプレイスタイル

KIBAバリアーは改造クナイ。投げると壁などに貼りつき、膨張後に凝固する物質を放出して防弾性のバリアーを生み出し、防御の穴を塞いでくれる。

デスマッチプレイリスト

「Demon Veil」とともに、お馴染みのゲームモード「チームデスマッチ」を中心とする新たなプレイリストが登場します。デスマッチのプレイリストは対戦前のエイム練習として活用できるだけでなく、『レインボーシックス シージ』においてカジュアル寄りのプレイを楽しみたいプレイヤーにとっても理想的な環境になっています。

ルール

  • 1試合は5分、またはどちらかのチームが75エリミネーションに到達するまで。
  • 屋外における活動時間の制限(10秒でオペレーターが排除される)。
  • 試合中のオペレーター変更が可能。
  • リスポーン有効。
  • ゲーム内チャット無効。
  • 「進行中のマッチに参加する」有効。
  • 放棄ペナルティなし。

ゲームプレイ

  • プレイヤーはチームに関係なく攻撃オペレーターまたは防衛オペレーターを選択可能。
  • 複数のプレイヤーで同じオペレーターを選択可能。
  • 固有アビリティ使用不可(ただしGlazのフリップサイトを除く)。
  • シールド持ちオペレーター(Blitz、Montagne、Clash)、およびFuzeのバリスティックシールド使用不可。
  • 両チームが同じガジェット(フラグ、スタン、インパクトグレネード)を装備。
  • バリケード、補強、偵察ツール、ドローン、ラペリング使用不可。
  • マップリスト: テーマパーク、ヴィラ、ファベーラ

攻撃オペレーター再選択

攻撃側が準備フェーズでオペレーターと装備を変更できるようになりました。この変更は準備フェーズ中のドローン使用の効果を高めるためのもので、攻撃側は集めた情報を元に作戦を調整できます。加えて、マッチヘッダーがアップデートされ、味方チームの情報が増えました。オペレーターや装備を変えるときの参考にしてください。

攻撃オペレーター再選択はクイックマッチ、アンランク、ランク、プロリーグのプレイリストにおけるすべてのゲームモードで使用できます。

オールラウンドウェポンサイト

メインウェポンと一部のサブウェポンで、すべての拡大なしサイトを使用できるようになりました。例外はDP27カスタムリフレックス・サイトです。2.5xスコープを使用できる武器は両方のタイプを使用できます。

装備メニューのサイトの項目がアップデートされ、新しいカテゴリが追加されました。

  • 拡大あり: 1.5x、2.0x、2.5x、3.0xスコープ
  • 拡大なし: レッドドット、リフレックス、ホログラフィック・サイト

GOYOボルカンキャニスター

焼夷爆弾に軽微な改良を施したボルカンキャニスターを装備するようになり、キャニスターは展開型シールドにセットできなくなりました。

ボルカンキャニスターは一部がシールドで防護されており、壁や床などのオブジェクトに設置可能です。爆発ダメージは減少しましたが、炎が以前より長く燃え続けるようになりました。

プレイヤーの保護

今シーズンより、ランクマッチに参加するには、プレイヤー全員がUbisoftアカウントに電話番号をリンクさせる必要があります。このセキュリティ対策はチート使用者のBAN処分後のゲーム再開を遅らせること、ならびにスマーフィングの抑制を目的としています。

電話番号をリンクさせるには次のメニューにアクセスしてください。
Ubisoft Connect > アカウント情報(https://account.ubisoft.com/)

マッチリプレイ(コンソール)

コンソールでマッチリプレイができるようになりました。保存されるのは、直近の2時間分のゲームプレイ、または最大12マッチまでです。また、リプレイ操作がコントローラー設定に追加され、マッチリプレイ中に使用しやすくなりました。

R6フィックス・インセンティブ・プログラム

以前に発表したとおり、チームはR6フィックスでバグ報告してくれたプレイヤー向けのリワードプログラムを開発してきました。今回のY7S1テストサーバーから、このプログラムの最初のバージョンが登場します。

リワードを獲得する条件は、シーズン中に不具合を報告(テストサーバー上またはライブサーバー上)し、ステータスが「調査中」になることです。リワードは1シーズンに1回受け取ることができ、内容は報告した不具合の中で最も重大性が高いものによって決まります。各シーズンのリワードは、次のシーズンのテストサーバーでライブゲームのアカウントに付与されます。

リワード

  • 軽度: アルファパック3個(レア1個、エピック1個、レジェンダリー1個)
  • プレイ可能: アルファパック6個(レア2個、エピック2個、レジェンダリー2個)
  • ほぼプレイ不可: アルファパック9個(レア3個、エピック3個、レジェンダリー3個)
  • 致命的: アルファパック12個(レア4個、エピック4個、レジェンダリー4個)

オペレーターの価格引き下げ

これまでのシーズン同様、「Demon Veil」でも一部のオペレーターの価格が引き下げられます。MozzieとGridlockは10,000名声ポイントまたは240R6クレジットに、OryxとIanaは15,000名声ポイントまたは360R6クレジットに、Floresは20,000名声ポイントまたは480R6クレジットになります。この機会に彼らを仲間に入れ、新たなお気に入りキャラクターを見つけましょう!

シーズンウェポンスキン

「Demon Veil」では、ステルス好きな方向けのシーズンウェポンスキンが追加されます。「コバートエンディングセット」を獲得すると、「スリーク・リーサルティ」のウェポンスキンとアタッチメントスキン、そして「厄除け」のチャームが解除されます。このシーズンウェポンスキンは、シーズン開始からシーズン終了までの間に購入が可能です。解除したウェポンスキンは使用可能な全ての武器に適用でき、プレイヤーのインベントリに残り続けます。

オペレーターのバランス調整

屋外でのカメラ信号の消失

  • Valkyrieのブラックアイ、Maestroのイーヴィルアイ、および防弾カメラを屋外に設置すると、10秒後に信号が消失するようになりました。信号を回復するには、カメラを回収して別の場所に再設置する必要があります。

VALKYRIE + ZERO

  • ValkyrieのブラックアイおよびZeroのアーガスカメラが空中でもアクセスできるようになりました。ただし、映像はカメラがセットされるまで送信されません。

ECHO + MOZZIE

  • カメラの信号が切れるまでの時間に合わせて、EchoとMozzieのドローンを屋外で使用できる時間が10秒間に延びました。

MELUSI

  • Melusiのバンシーが起動時に展開するまでの時間が短くなり、弱点が早く露出するようになりました。

KALI

  • Kaliがマークスマンライフルを装備しているときに移動しても、ペナルティを受けなくなりました。

THUNDERBIRD

  • Thunderbirdのコーナステーションが、体力100%未満のプレイヤーのみを治療するようになりました。

調整と改善

YEAR 7 PASS + バトルパス

Year 7プレミアムパス

  • Year 7ではリクエストの多かったプレミアムパスが再登場します。購入すると以下のVIP特典などをご利用いただけます:
    • YEAR 7新オペレーター4名
    • ヘッドギアとユニフォーム4セット(バトルパスに含まれます)
    • Year 7の4つのバトルパスへのアクセス権
    • プレミアムセットの一部として、Year 7の各バトルパスで最初の20クラスを解除
    • MPX用の限定ウェポンスキン
    • 限定Valkyrieバイトセット
    • Ashチルドセット
    • 各シーズンの新オペレーターへの14日間の先行アクセス
    • 30%のボーナスバトルポイント(チャレンジや実績は対象外)
    • 長期チャレンジ
    • チャレンジは引き続き一定期間で解除されますが、時間制限はなくなり、バトルパスの最後まで、自分のペースでチャレンジを完了できます。

マッチリプレイ

リプレイ対応

  • リプレイがシーズン全体を通して確認できるようになり、パッチやホットフィックスのリリース時に削除されなくなりました。
  • リプレイはシーズン最終日まで再生できます。

エリートカスタマイズ

カスタマイズ可能なアビリティスキン

  • 同一オペレーターのもので、それを所持している場合、異なるアビリティスキンを装備できるようになりました。

プレイ時の快適性

近接攻撃アニメーション

  • ナイフを使った近接攻撃のアニメーションを、ゲーム内のダメージ判定に合わせ、切るモーションから刺すモーションに変更しました。

ガジェット/アビリティモデル

  • ElaのGRZMOTマインのモデルがアップデートされ、起動時にチームカラーのLEDが点灯するようになりました。
  • ブリーチングチャージのモデルがアップデートされ、起動時にチームカラーのLEDが点灯するようになりました。
    -- 防弾カメラのモデルがアップデートされ、昨シーズン行われた防弾カメラへの調整(カメラ回転とEMPバースト)に即したものになります。

音声テキスト変換

  • 音声テキスト変換機能を有効化する設定がオプションメニューに追加されます。

オペレーターモデル

  • 既存および今後追加されるオペレーターのフェイシャルアニメーションのリグ、シェーダー、メッシュが改良されました。

マッチタイマー

  • マッチタイマーがアクションフェーズ最後の10秒間、コンマ秒まで表示するようになりました。

サポートモードのHUD調整

  • サポートモードで観戦中、プレイヤーのポートレートにアビリティ/ガジェットのステータスが追加され、KDAが削除されました。

ゲームの健全性

嫌がらせ行為および故意の切断

  • 切断したプレイヤーが投げた敵対的なガジェットからダメージを受けなくなり、ペナルティを避けるために切断を利用して嫌がらせを行う悪質な行動を防止します。

マップローテーション

  • ニューカマープレイリストから「銀行」を削除し、「山荘」を追加。

主な不具合の修正

今シーズンに向けて修正した不具合の詳細については、以下のリンクでご確認ください。

不具合修正リスト

日本のSNSはこちら