Crystal Guard | シーズン | レインボーシックス シージ | ユービーアイソフト (Ubisoft JP)

『レインボーシックス シージ』のYear 6シーズン3「Crystal Guard」が開幕! その頭の回転の速さと60年代のSF映画への溢れ出る愛で、ナイトヘイヴンに貢献するクロアチア出身のエンジニアリングの天才、Osaが新たなオペレーターとして登場します。

今シーズンは、オペレーターのアーマーやダウン状態のスコアリングへの変更、Twitch、IQ、Mute、Fuzeのバランス調整、エリートユニフォームのカスタマイズの新手法を含む様々なアップデートが行われます。詳しくは、以下のパッチノートをご覧ください。

Dr.ハリシュヴァ・“Harry”・パンデー

レインボー・ディレクター

「想像力に限界があるとするなら、Osaに作れないものは事実上ないということになる」

これまで、様々な形のクリエイティブなプロセスを見てきたが、アンヤ・“Osa”・ヤンコヴィッチほど自然にイノベーションを起こす人間は見たことがない。スケッチ、計算、修理を容易くこなす姿を見ると、Kaliが彼女をナイトヘイヴン研究開発部のトップに選んだ理由がよく分かる。

Osa

攻撃側

メインウェポン

556xi

アサルトライフル

PDW9

サブマシンガン

サブウェポン

PMM

ハンドガン

ガジェット

スモークグレネード

クレイモア

体力
スピード

Dr.エレナ・“Mira”・アルバレス

R&Dディレクター

「大型で扱いにくい単一機能のシールドがほとんどの中、Talon-8は汎用性が高く、前線を押し上げるうえで極めて有効なツールとなる…」

固有アビリティとプレイスタイル

透過型で防弾仕様の「Talon-8シールド」は持ち運んだり、床や窓枠への設置も可能で、Osaが攻撃の戦略を組み立てる間、身を守りながら射線を確保することができる。

マップの刷新

「銀行」「海岸線」「クラブハウス」は、バランス、環境オブジェクトの破壊状態、音の伝播、ライティングを強化するため、一から見直し再構築されました。『レインボーシックス シージ』の最古参のマップの一つである「銀行」は、その大部分が何年もの間アップデートされていませんでした。今シーズンの刷新によって、これら3つのマップも現在の技術水準を満たすものとなり、特に「銀行」のアートワークには抜本的な再調整が行われました。各マップの主な変更点は以下の通りです。

銀行

  • 逃走キル防止のため、屋外 大通りにある車両を別の場所に移動しました。
  • 不公平な銃撃を防止するため、屋外 銀行屋上(下)と屋外 銀行屋上(上)の一部の天窓を塞ぎました。
  • スポーンキル防止のため、屋外 裏路地への射線を調整しました。
  • スポーンキル防止のため、屋外 テラスがアップデートしました。
  • 内側のバルコニーに容易に銃撃できる状況を防ぐため、1F ATMと1F ロビーの間にある書類整理棚を撤去しました。
  • 撃ちやすさを改善するため、地下金庫から金属バーをすべて撤去しました。
  • 屋外 大通りと屋外 裏路地を繋ぐ屋外 横路地を新たに追加しました。
  • 1F ロビーのハッチから地下金庫に行けるようになりました。
  • 2F 吹き抜け階段の手すりが破壊可能になりました。

海岸線

  • 不公平な銃撃を防止するため、屋外 屋上から建物内への射線の一部を塞ぎました。
  • 1F 中庭の一部の窓を塞ぎ、開放されている窓もすべて封鎖できるようになりました。
  • 1F 勝手口にあった爆弾エリアを1F 受付に移しました。
  • 1F 勝手口が、1F 受付の爆弾エリアと屋外 出入口の間に移り、防衛側が屋外 出入口にディフューザーを直接設置できなくなりました。
  • 2F VIPラウンジの外壁が破壊可能になり、屋外 DJブースからラペリングで上がれるようになりました。

クラブハウス

  • 1F 倉庫の爆弾エリアをなくし、1F バーに2つの爆弾エリア(バーの後ろとステージの横)を配置しました。
  • 1F バーのバーとステージの間に出入口を追加しました。
  • 1F バーのバーエリアに新たなオブジェクトを追加しました。
  • 屋外 犬舎と屋外 落書きエリアを繋ぐ通路を追加しました。

エリートカスタマイズ

同一オペレーターのもので、それを所持している場合、エリートユニフォームと全てのヘッドギアを一緒に装備できるようになりました。

アーマーをHPに置き換え

オペレーターのアーマーが体力(HP)に置き換えられました。アーマー3のオペレーターは125HP、アーマー2のオペレーターは110HP、アーマー1のオペレーターは100HPとなります。

プレイ時の快適性

敵のリムライト

  • 理不尽なカモフラージュ効果が生じないよう、リムライトによる敵のハイライトがデフォルト設定になりました。このインターフェース設定はオプションメニューで無効化できます。

ダウン状態のスコアリング

  • 敵をダウンまたは排除することでキルスコアを獲得できるようになります。また、すでに仲間がダウンさせていた敵を排除した場合は、アシストスコアを獲得できます。注: キルフィードには、キルやアシストの有無に関わらず、敵に最後にダメージを与えたプレイヤー名が表示されます。
  • 射線外の敵をダウンさせたときに不公平な情報を得られなくするため、ダウン状態のスコアリングを撤廃しました。

バランス調整

TWITCHの再調整

  • 準備フェーズ中は標準的なドローンを使用するようになりました。ショックドローンはアクションフェーズ中に使用できます。ショックドローンはジャンプが可能になり、敵のデバイスを無効化する代わりにレーザーで破壊できるようになりました。

IQの再調整

  • デバイス探知機にPINGシステム2.0が搭載され、壁越しに電子機器をPINGできるようになりました。これにはオペレーターが持つカウンターディフューザーやVigilのERC-7なども含まれます。

MUTEの変更点

  • シグナルディスラプターの効果範囲が円筒状から球状に変わり、デバイスは起動中に光るようになりました。

FUZEの変更点

  • クラスターチャージが補強済みオブジェクトに設置できるようになりました。サブグレネードが補強済みの壁などを突き破る際は通常より時間がかかり、もろい壁などで起動した場合は一瞬で突き破ることができます。

フラッシュ探知の変更点

  • Yingのカンデラ、BlitzのG52タクティカルシールド、スタングレネードが、フラッシュの持続時間を計算する新たなフラッシュ探知システムを使用するようになりました。これは周囲の環境と爆発の角度、さらにプレイヤーの距離と方向も加味します。つまり、対象となるオペレーターは100%のフラッシュ効果を受けるようになり、フラッシュ効果の信頼性が高まりますが、持続時間は毎回変わります。

オペレーターの価格引き下げ

Crystal Guardの期間中、5人のオペレーターの価格が引き下げられ、まずはMaverickとClashが10,000名声ポイントまたは240 R6クレジットになり、次にAmaruとGoyoが15,000名声ポイントまたは360 R6クレジットになって、最後にZeroが20,000名声ポイントまたは480 R6クレジットになります。この機会に彼らをぜひリストに追加しておきましょう!

シーズンウェポンスキン

今シーズンは幾何学模様の色彩が爆発します。ホログラフィックセットを手に入れて視覚を彩りましょう。

こちらのウェポンスキンは、シーズン開始からシーズン終了までの間に購入が可能です。解除したウェポンスキンは使用可能な全ての武器に適用でき、プレイヤーのインベントリに残り続けます。

オペレーターのバランス調整

これらの変更点については、後ほど公開されるデザイナーノート記事で詳しく説明していきます。

AK-12(AceとFuze)

  • 初弾の反動を増加。
  • 垂直方向の反動を増加。
  • 水平方向の集弾性を強化し、右寄りに調整。
  • ロングバースト時の反動が12発目ではなく10発目から発生するようになりました。

FINKA

  • ハードブリーチングチャージをフラググレネードに置き換えます。

SLEDGE

  • SMG-11を削除。

GLAZ

  • OTs-03のマガジン装弾数を15発に増加(以前は10発)。

IANA

  • G63Cから2.0xスコープを削除。
  • ARX200から2.5xスコープを削除。

TWITCH

  • 準備フェーズ中は標準的なドローンを使用するようになりました。ショックドローンはアクションフェーズ中に使用できます。ショックドローンはジャンプが可能になり、敵のデバイスを無効化する代わりにレーザーで破壊できるようになりました。
  • 注: ショックドローンの衝突判定の大きさを調整した結果、6つのドローンベントを通過できなくなりました。ステージデザインはこの修正に向けて対応中です。影響を受けたベントは以下のマップに存在します:
    • 運河 - 2Fコピー室
    • 運河 - B1バスルーム
    • オレゴン - 1Fシャワー通路
    • オレゴン - 1Fスモールタワー
    • 国境 - 1Fバスルーム
    • 国境 - 1Fメインロビー

IQ

  • デバイス探知機にPINGシステム2.0が搭載され、壁越しに電子機器をPINGできるようになりました。これにはオペレーターが持つカウンターディフューザーやVigilのERC-7なども含まれます。

MUTE

  • シグナルディスラプターの効果範囲が円筒状から球状に変わり、デバイスは起動中に光るようになりました。
  • 展開後の2.5秒間は効果範囲が表示されます。
  • デバイスのアンテナとハンドルを衝突判定に追加したため、弾丸の衝突判定がより正確になりました。

FUZE

  • クラスターチャージが補強済みオブジェクトに設置できるようになりました。
  • サブグレネードが補強済みの壁などを突き破る際は通常より時間がかかり、もろい壁などで起動した場合は一瞬で突き破ることができます。

調整と改善

ゲームバランス調整

フラッシュ探知の変更点

  • Yingのカンデラ、BlitzのG52タクティカルシールド、スタングレネードが、フラッシュの持続時間を計算する新たなフラッシュ探知システムを使用するようになりました。これは周囲の環境と爆発の角度、さらにプレイヤーの距離と方向も加味します。
  • つまり、対象となるオペレーターは100%のフラッシュ効果を受けるようになり、フラッシュ効果の信頼性が高まりますが、持続時間は毎回変わります。

プレイ時の快適性

アクションレポート

  • アクションレポートの各タブのアート表現を更新。 バトルパスタブとパックタブの情報がより具体的かつ明確になりました。

表示エリア

  • メニューとゲーム内HUDの表示エリアを拡大/縮小できるようになりました。これらのオプションはオプションメニューの「ディスプレイ」セクションにあります。

武器マガジン

  • メインウェポンとサブウェポンの弾薬数を調整し、武器タイプにおける各武器のマガジン弾薬数の幅を一貫させました。

最低ダメージ

  • (散弾を使用するショットガンを除く)各メインウェポンタイプの最低ダメージを調整し、ダメージが一定の割合で増減するようにしました。
  • (散弾を使用するショットガンを除く)全メインウェポンのサイレンサーの最低ダメージを統一(15%)。

フレンドリーファイヤー

  • 迷惑行為への対抗措置として、投擲されたデバイスやランチャーのフレンドリーファイヤー判定を削除。
  • この変更はガジェットの効果に影響しません。例えば、チームメイトにフラググレネードを投げつけてもダメージを与えませんが、フラググレネードの爆発はダメージを与えます。

レアリティのアイコンとカード

  • アイテムとパックカードの様々なレアリティカテゴリーの見やすさを改善。

マッチリプレイ

  • ゲームパッド機能を追加。
  • チームの装備に対応。
  • BAN処分中のオペレーターのアイコンに対応。
  • 全体的なサウンドを改善。
  • リプレイのファイルサイズを縮小。

観戦モード

観戦モードで各チームによってBANされたオペレーターがわかるようになり、装備情報にマガジンの弾薬が表示されるようになりました。

敵のリムライト

  • 理不尽なカモフラージュ効果が生じないよう、リムライトによる敵のハイライトがデフォルト設定になりました。このインターフェース設定はオプションメニューで無効化できます。

ダウン状態のスコアリング

  • 敵をダウンまたは排除することでキルスコアを獲得できるようになります。また、すでに仲間がダウンさせていた敵を排除した場合は、アシストスコアを獲得できます。
  • 注: キルフィードには、キルやアシストの有無に関わらず、敵に最後にダメージを与えたプレイヤー名が表示されます。
  • 射線外の敵をダウンさせたときに不公平な情報を得られなくするため、ダウン状態のスコアリングを撤廃しました。

画面揺れの軽減

  • 爆発による画面揺れを全体的に軽減し、特定のデバイスの爆発による画面揺れを完全に削除しました。これにより、射撃の精度と競技性が向上するはずです。
  • 以下の爆発から画面揺れが完全に削除されました:
    • ElaのGRZMOTマイン
    • ZofiaのKS79ライフラインコンカッショングレネード
    • EchoのYOKAIソニックバースト
    • Nomadのエアジャブランチャー反作用デバイス

怯みの軽減

  • オペレーターが弾丸ダメージを受けた際の怯み動作を軽減しました。これにより、射撃の精度と競技性が向上するはずです。

MMRロールバック3.0

  • 公正なプレイヤーのMMRを維持するため(チート使用者に勝利にした時など)、システムを改善して最も関連性の高いマッチを処理し、ロールバックが発生する現行シーズンの時間を制限しています。
  • システムメッセージを改善。

ゲームの健全性

アーマーをHPに置き換え

  • オペレーターのアーマーが体力(HP)に置き換えられました。アーマー3のオペレーターは125HP、アーマー2のオペレーターは110HP、アーマー1のオペレーターは100HPとなります。

新しいスキル分布

  • チームの調査により、プラチナに到達したランクプレイヤーは、あまりダイヤモンドを目指さないことが判明しました。そのため、プラチナのスキルランクの差を小さくし、ダイヤモンドにスキルランクを追加しました。これにより、ハイレベルなプレイヤーはより早くスキルランクを上げることができ、前進している感覚を得やすくなります。
  • 新しいプラチナの差(括弧内は以前の値):
    • プラチナIII – 3200(3200)
    • プラチナII – 3500(3600)
    • プラチナI – 3800(4000)
  • 新しいダイヤモンドの差とスキルランク:
    • ダイヤモンドIII – 4100
    • ダイヤモンドII – 4400
    • ダイヤモンドI – 4700
  • 注: これはランク2.0ではありません。この機能には多くの変更が必要であるため、後日実装されます。

攻撃側の出現場所選択について

  • プレイヤーは他プレイヤーと出現するか単独で出現するか選択することができます。
  • この設定は全てのプレイリストで常時有効になるため、プレイヤーは出現時や全体の戦略に対して主体的な選択の幅を広げることができます。
  • これに伴い、カスタムゲーム設定内の攻撃時に単独で出現場所を選択するためのオプション項目は削除されました。

マップローテーション

  • 大規模な刷新を行う代わりに、今シーズンは小規模な変更を次の3マップに加えます: 銀行、海岸線、クラブハウス。
  • ランク/アンランク: Y6S2のシーズン半ばに、ファベーラがランクとアンランクのマップリストに追加されたため、ローテーションはありません。
  • ニューカマー: ニューカマーマップリストのファベーラを海岸線に置き換えます。
  • 注: クイックマッチにローテーションはありません。

主な不具合の修正

今シーズンに向けて修正した不具合の詳細については、以下のリンクでご確認ください。

不具合修正リスト

日本のSNSはこちら