Operation Brutal Swarm | シーズン | レインボーシックス シージ | Ubisoft (JP)

『レインボーシックス シージ』のYear 7シーズン3「Operation Brutal Swarm」がいよいよスタートします! 新オペレーターのGrimは、うだるような熱さの故郷シンガポールから、レインボー部隊の一員としてスポットライトを浴びることになります。偵察、情報収集、サバイバル術のエキスパートで、Grim固有のカワンハイヴランチャーは敵の正確な動きと配置を知りたいときに大いに役立ってくれるでしょう。詳細は以下のパッチノートをご覧ください。

ジャイミニ・カリモハン・“Kali”・シャー

ナイトヘイヴンCEO

「名は体を現すと言うが、彼の態度、能力、顔はまさしく“GRIM(恐怖)”そのものだ」

私には信頼できる人間が必要だ。そして、経験と勘がチャーリー・ソー・“Grim”・ケン・ブーンこそ信頼に足る人物だと言っている。私が自分の背後を心配しているようではナイトヘイヴンは前に進めない。彼がいれば任務を滞りなく進行できるだろう。

Grim

攻撃側

メインウェポン

552 Commando

アサルトライフル

SG-CQB

ショットガン

サブウェポン

P229 RC

ハンドガン

ガジェット

ブリーチングチャージ

クレイモア

体力
スピード

アンヤ・“Osa”・ヤンコヴィッチ

QCRリード

「シンプルなデザインにして最高級の追跡性能を誇るカワンハイヴランチャーは、私が開発していなければここまでGrimにフィットすることはなかっただろう」

固有アビリティとプレイスタイル

ブンブンと音が聞こえる? その正体はカワンハイヴランチャーだ! このガジェットは発射体からボットの群れを放ち、群れの中を通り過ぎた敵の位置を明らかにする。目にだけは入らないように注意しよう。

新ガジェット:インパクトEMPグレネード

今シーズンより、接触と同時に爆発して付近の電子機器を短時間無効化する投擲ガジェット「インパクトEMPグレネード」が追加されます。
このグレネードは以下のオペレーターの第3ガジェットとして使用可能です:

  • Blackbeard
  • Montagne
  • Dokkaebi
  • Nokk
  • Gridlock
  • Sledge
  • Lion
  • Osa

武器の反動

新たな反動システム(PC)

武器の反動をより有意義なものにするため、反動システムを見直しました。新ステムでは以下のような変更が加えられます:

  • 全武器の垂直反動を見直し、それぞれの武器のパワーレベルに合致するように調整しました。
  • 連射時に垂直反動と水平反動が強くなります。連射時間が長いほど反動は強くなります。
  • すでに反動が強く設定されている武器の制限には概ね変化はありません。
  • 大容量マガジンのLMGにはコントロールがより困難な4段階目の反動が追加されます。
  • 武器にアタッチメントのオプションが増加します。この機能はPC版とコンソール版の両方に実装されます。

反動の変更点(コンソール)

反動をコンソール版とPC版で個別に調整できるようになります。

これまで、コンソール版の反動はPC版の値を基に調整されていました。今回の変更によって、コンソール版の値をPC版の値とは無関係に調整できるようになるため、コンソール版のニーズをより正確に把握できるようになります。

プレイヤーの保護

評価ペナルティ:悪意のあるテキストチャット

昨シーズンは、フレンドリーファイヤーの乱用に対する評価ペナルティを導入しました。今シーズンは、悪意のあるテキストチャットに対する新たなペナルティ制度を導入します。このペナルティが適用されている間は、違反常習者をデフォルトでミュートし、テキストチャットにおけるヘイトや攻撃を防ぎます。ミュートされたプレイヤーは、そのプレイヤーをアンミュートする選択をしたプレイヤーとのみテキストチャット上でのメッセージの送受信が可能です。

悪意のあるテキストチャットのペナルティはシーズンリリース時ではなく、シーズン3の後半から導入されます。導入後は:

  • 新システムに慣れるための猶予期間が全プレイヤーに設けられます。
  • 猶予期間終了後、攻撃的、悪意のあるテキストチャットを一定数送信したプレイヤーには30マッチ分のペナルティが課されます。

マッチリプレイでチート使用者を報告

マッチリプレイでチート行為を報告できるようになります。マッチ中にチート行為を報告できなかった場合、またはリプレイを見ているときにチート行為に気づいた場合にその旨を報告することができます。

新常設マップ:スタジアム2021

プロチームとのディスカッションとワークショップの結果、「スタジアム2021」がマップリストに追加されることになりました。なお、このマップの名称は「スタジアム・ブラボー」に変更されます。

「スタジアム・ブラボー」は「国境」と「海岸線」を組み合わせたものです。エリアと特色がバランスよく配置され、不要な物は排除されているため、見慣れたマップでありながらも新鮮な気持ちでプレイすることができます。

バトルパスを贈ろう

今シーズンより、『レインボーシックス シージ』のプレイヤーはフレンドのためにバトルパスを購入できるようになります! 自分のために購入したバトルパス(1200 R6クレジットのプレミアムバトルパス、または2670 R6クレジットのプレミアムバトルパスセット)と同じものを購入し、Ubisoft Connectを通してフレンドにプレゼントすることが可能です。バトルパス所有者はパスの有効期間中、ウェポンスキンやセットなど、ストアで購入したものすべてが10%オフになります。

バトルパスを贈るには、Ubisoft Connectでフレンドになってから90日以上経過しており、同じプラットフォームを使用していなければなりません。つまり、PCプレイヤーはほかのPCプレイヤーにのみプレゼント可能で、PS4プレイヤーはPS4およびPS5のプレイヤーにのみプレゼント可能ということになります。また、地域による制限はありませんので、フレンドの居住地域に関係なくチームを強化することができます。

プレイ時の快適性

マップのBANの変更点

マップのBANフェーズにてマップを3つから5つ表示できるように変更しました。これによって、マップの多様性を増加させながら、特定のマップを除外することでプレイヤーのパフォーマンスを維持することができます。

作戦マップの変更点

攻撃側により重要な情報を提供し、準備フェーズでより多くの情報に基づいた選択ができるように作戦マップをアップデートしました。

  • 攻撃側が利用可能な防衛側の目的地のリストを見られるようになります。
  • 攻撃側がフロアマップと目的地を発見すると、それらが表示されるようになります。

オペレーターの価格引き下げ

これまでのシーズン同様、「Operation Brutal Swarm」でも一部のオペレーターの価格が引き下げられます。AmaruとGoyoは10,000名声ポイントまたは240 R6クレジットに、Zeroは15,000名声ポイントまたは360 R6クレジットに、Osaは20,000名声ポイントまたは480 R6クレジットになります。このオペレーターたちを仲間に入れ、試してみる絶好の機会です。どうぞお見逃しなく。

シーズンウェポンスキン

「Operation Brutal Swarm」は、新しい無骨なウェポンスキンを引き連れて登場します。トリッドジャングルセットを入手すると、「ウェザドパートナー」ウェポンスキンおよびアタッチメントスキンと、「スメリー・ドリアン」チャームが解除されます。こちらのウェポンスキンは、「Operation Brutal Swarm」のローンチ時からシーズン終了までの間に購入が可能です。解除したウェポンスキンは使用可能な全ての武器に適用でき、プレイヤーのインベントリに残り続けます。

オペレーターのバランス調整

BUCK

  • Gonne-6を追加

CAPITAO

  • Gonne-6を追加

FINKA

  • フラググレネードを削除
  • スモークグレネードを追加

FUZE

  • クラスターチャージで穴を開ける時間が3秒から2秒に短縮
  • ペレットの軌跡の視認性を向上
  • スモークグレネードを追加

GLAZ

  • クレイモアを追加

IANA

  • Gonne-6を削除

KALI

  • 低速爆薬ランスの弾数を3から4に増加
  • CSRX 300:
    • 垂直および水平方向の反動を抑制
    • カメラの復帰時間を長くして、よりスムーズなサイトの動きを実現しました。

MAVERICK

  • フラググレネードを削除
  • スタングレネードを追加

THATCHER

  • EMPの新たな視覚効果を追加

調整と改善

ゲームバランス調整

ハードブリーチングチャージ

  • 起動時間を5秒から4秒に短縮

フラググレネード

  • 最小ダメージを受ける範囲を5mから3.6mに縮小
  • 最大ダメージを受ける範囲を2.5mから2mに縮小

アタッチメントの変更

武器サイト:

最大倍率を変更:

  • Capitao Para:+2.0
  • Blackbeard MK17:+2.0
  • Iana G36:+1.5
  • Frost C1:+1.5
  • Pulse UMP:+1.5
  • Goyo Vector .45 ACP:+1.5
  • Ace AK-12:-2.0 +1.5
  • Iana ARX:-1.5
  • Mute MP5K:-1.5
  • Nomad ARX:-2.5 +1.5
  • Sledge L85A2:-2.5
  • Kaid AUG:-1.5
  • Finka 6P41:-2.5 +2.0
  • Zofia LMG-E:-2.5
  • Wamai MP5:-1.5

武器の最大倍率の下に次の倍率を追加:

  • Alibi ACS12:+1.5
  • Amaru G8A1:+1.5
  • Dokkaebi BOSG:+1.5 +2.0
  • Finka Spear:+1.5x
  • Fuze AK-12:+1.5
  • Fuze 6P41:+2.0
  • Gridlock F90:+1.5
  • Goyo TCSG:+1.5
  • Hibana Type:+2.0
  • IQ AUG:+1.5 +2.0
  • Jackal C7E:+1.5
  • Kaid TCSG:+1.5
  • Lion V308:+1.5
  • Maestro ACS12:+1.5
  • Nomad AK74:+2.0
  • Osa 556:+1.5
  • Rook MP5:+1.5
  • Thermite 556:+1.5
  • Thatcher AR33:+2.0
  • Thatcher L85A2:+1.5
  • Vigil BOSG:+1.5 +2.0
  • Zofia M762:+1.5

フラッシュハイダー:

  • 次の武器から削除:417、OTs-03、CAMRS、SR-25、Mk14
  • 次の武器に追加:C1 9mm

拡張型バレル:

  • 次の武器に追加:9x19VSN、AUG A3、Commando 9、MP5K、FMG9、MPX、PDW9、T-5、SPSMG 9、552 Commando、G36C、Spear.308、Bearing-9、K1A、MP7、F90、UZK50GI、MP5、F2

マズルブレーキ:

  • 次の武器に追加:6P41、AUG A2、G8A1、M249、Bearing-9、M249 SAW、SMG-11、SPSMG9、C1 9mm

コンペンセイター:

  • 次の武器に追加:6P41、M249 SAW、FMG9、SPSMG9、MP5、P90、C1 9mm、M12

サプレッサー:

  • ダメージペナルティを撤廃

バーティカルグリップ:

  • 次の武器に追加:OTs-03、ARX、C1 9mm、T-5

アングルグリップ:

  • 次の武器に追加:L85A1、R4C、417、OTs-03、6P41、SR25、M249、LMG-E、Spear .308、ARX、F90、M249 SAW、MP5、416-C、Vector .45 ACP、T-5、SMG-11

レーザーサイト:

  • 次の武器に追加:OTs-03、G8A1、GSH-18、C75-Auto

プレイ時の快適性

HUDのアップデート

  • 排除されたりダウンしたプレイヤー用のコンパスアイコンをアップデート
  • 目標アイコンとインベントリパネルの色の不一致を修正
  • ガジェットの色の不一致を修正

報告システム

  • セッションから切断されたプレイヤーを報告できるようになりました。
    • ランクおよびアンランクのプレイリストでのみ利用可能です。
    • 切断されたプレイヤーの情報がスコアボード上で常に表示されるようになります。
    • すべてのカテゴリーの報告が利用可能です。
  • マッチリプレイから直接プレイヤーを報告できるようになりました。

マップローテーション

  • ランク、アンランク、クイックマッチ、TDM、ニューカマーに「スタジアム・ブラボー」マップを追加
  • カスタムゲームから「バートレット」を削除
  • 最新のランクデータに基づき、ニューカマーの爆弾エリアを変更

チームデスマッチ

  • アクションフェーズの時間を5分から7分30秒に延長
  • オペレーター選択フェーズの時間を30秒から20秒に短縮
  • キル上限を75から90に増加
  • プレイリストのリワード量を増加

主な不具合の修正

今シーズンに向けて修正した不具合の詳細については、以下のリンクでご確認ください。

不具合修正リスト

日本のSNSはこちら