2020 July 28

ハイパースケープのチート行為とハッキングへの対処

今回は時間を取って、ゲーム内のチート行為とハッキングという重要な問題へのハイパースケープ開発チームの取り組みについてお話ししたいと思います。コミュニティ内の投稿で、ゲーム内にチート行為やハッキングが増えているという声が寄せられており、私たちのデータでも同じ結果が出ています。 開発チームはこの問題への対処を最優先として取り組んでおり、ゲーム内でチートを利用するプレイヤーに遭遇したときにプレイヤーが受ける影響の大きさは、私たちも十分に理解しているということを、皆さんにもご理解いただきたいと思います。

BattlEye – 私たちが活用する武器

ハイパースケープはチート対策としてBattlEyeを利用しています。これは単なるソフトウェアではなく、BattlEyeのチーム自体がチート対策における私たちの主要なパートナーとして機能しています。私たちの間には連絡を取るための直通ラインが用意されており、私たちはチート行為の検出およびBAN処分を下す能力を絶えず進化させ続けることができます。

ハイパースケープでは、プレイヤーがマッチメイキングに入るとすぐにBattlEyeが機能します。そのため、ロビーやトレーニングエリアでゲームシステムを破綻させる行為を行っているだけの動画についてはご心配に及びません。こういった行為はローカルのPCでのみ行われているものです。そのようなプレイヤーがロビーに接続すると、BattlEyeにより検出され、数分以内に使用しているアカウントとハードウェアに対して自動的にBAN処分が下されます。 ご注意: 現時点では検出後すぐにはBAN処分を行っていませんが、これは意図的なものです。これは悪意のあるプレイヤーが行った違反行為の定義を曖昧にするためです。

オープンベータの開始からこの記事がリリースまでの間に、BattlEyeはチートを利用したアカウントを一万件以上検出してBAN処分しています。これにはアカウントの永久BAN処分だけでなく、ハードウェアIDのBAN処分も含まれています。 この2週間ほどの間に、redditでチート行為を行っていると思われるプレイヤーのビデオクリップが共有されていました。私たちが調査を行ったすべてのケースにおいて、これらの違反プレイヤーは私たちが調べた時点で、すでにBattlEyeに検出されてBAN処分が行われていました。もし、検出がされず自動的にBAN処分が下されていないチートプレイヤーが見つかった場合は、直ちに問題の優先度を上げてBattlEyeに連絡を取り、分析を行って、こういった新たな手法によるチートを検出できるようにツールのアップデートを行います。

皆さんのご協力が必要です

悪意あるユーザーを追跡するために重要となる、プレイヤー通報ツールが導入される時期について、多くの質問が寄せられてきました。 そこでいよいよ、まもなく始まるシーズン1の開始にあわせて、プレイヤー通報システムがこのたび新たに導入されます。 導入後もゲーム内プレイヤー通報ツールの改善を続け、その機能を拡大させていくつもりであり、シーズン1、シーズン2と、シーズンが進むにつれて大幅な改善を行っていく予定です。

チート行為やハッキングを行う個々のユーザーだけでなく、こういったツールの制作者に対する調査も、ツールが出回るたびに積極的に行っています。これはBattlEyeの更新を続けて、検出方法の効果を最大限に高めるためにとても重要になります。すでに50以上のチートツールの制作が弊社の法務部の働きによって停止されており、この取り組みは現在も進行中です。 悪意ある個々のユーザーとチートツール作成者のいずれの場合でも、彼らの行為を明るみに出すためには、コミュニティの皆さんの協力が必要になります。チートツールの配布を見つけたら、その情報の提供にご協力いただくようお願いいたします。プレイヤーがチート行為を行っている明確な証拠がある場合は、その証拠とユーザー名を添えて、私たちまでご連絡ください。 チート行為への対処は終わりのないモグラたたきのように感じるかもしれませんが、私たちは今後も最優先で取り組んでいきますし、プレイヤーの皆さんにご協力いただければ、誰もが公平で楽しくプレイを続けられる環境をハイパースケープ内に維持することができると考えております。

チャレンジャー行動規範を守りましょう

最後に、改めてチャレンジャー行動規範について触れさせていただきます。私たちはこれが未来に向かって健全なコミュニティを育成するための道しるべになると考えています。

Visit Other Hyperscape Channels