2020 July 12

パッチノート 2020年7月12日

チャレンジャーの皆さん、こんにちは! 『ハイパースケープ』のオープンベータ開始にあわせてバージョン0.3がリリースされました。

このパッチではたくさんの新コンテンツが追加されるとともに、テクニカルテスト中にフィードバックが寄せられていた問題への対処が行われています。テストでは、正式リリース時にプレイヤー人口が大幅に増加した際のサーバーとゲームクライアントの安定性を確保するための素晴らしいデータが得られました。また、皆さんのゲームプレイデータから、現在のゲームバランスを総合的に理解し、開発チームがどこに変更を加えるべきかを判断するための貴重な情報が得られました。その変更の一部は、以下のパッチノートに含まれていますが、正式リリース後にもさらなる変更を行います。

テクニカルテスト期間中にフィードバックをお寄せいただき、改めてありがとうございました。『ハイパースケープ』の改善には皆さんの協力が不可欠です。オープンベータ期間中も、皆さんのフィードバックをお待ちしています!

ハーピー(NEW!)

「新武器をリリースして欲しい」という多くの要望に応えました。「ハーピー」は近距離で大ダメージを与えられるSMGです。融合レベルが低い状態では装弾数が少ないものの、素早いリロードが可能です。他のフルオート武器と同様に、融合するごとに弾薬量が増加し、完全融合時にはダメージが増加します。

ハーピーは素早く、機動性の高い武器となることが想定されていて、ダッシュやジャンプ中でも集弾率のペナルティを受けません。

サルボ

変更内容の詳細:

  • 爆発感知範囲が0.9Rから0.7Rに縮小

テクニカルテスト中のパッチ0.2で行われたダメージへの変更により改善は見られたものの、サルボは近距離/屋内戦闘ではいまだに強過ぎる状態です。この武器は簡単に使用できることが意図されていたものの、現状では適当に爆弾をばらまくだけの行為が乱用されいます。

爆発感知範囲が縮小されたことで、接近戦時に爆弾を避けやすくなるでしょう。オープンベータ開始とともに、この変更の影響を確認していきます。

ショックウェーブ(NEW!)

このパッチでは新たなハック「ショックウェーブ」も登場します。ショックウェーブは、離れた場所から広範囲に衝撃波を放ち、プレイヤーをあらゆる方向に弾き飛ばせるオールラウンドなハックです。与ダメージは小さく、スラム以下となっていますが、離れた場所から使えることから、様々な活用方法が考えられます。また、足元に使用すれば、空高く舞い上がることも可能です。融合するとクールダウンが短縮されて、完全融合するとダメージが増加します。

ショックウェーブは現時点で全ハックの中でクールダウンが最短となっており、完全融合状態なら4秒で使用できます。

ヘイスト(NEW!)

Twitchの視聴者がCrowncast拡張機能を通じて投票できる新たなゲームイベントとして、「ヘイスト」が追加されました。これが選ばれると、効果時間中は全チャレンジャーの速度が増加します。この効果は、近接武器や他のアビリティなどで得られるスピードブーストに加算され、エコー状態のプレイヤーにも影響を与えます。

ヘイストは視聴者限定イベントであり、Crowncast拡張機能を有効化して視聴している視聴者のみが選択可能です。

グラビティ

変更内容の詳細:

  • グラビティ・イベントの時間を50秒から35秒に短縮

グラビティは視聴者の間で大人気で(ストリーマーの間では逆かもしれませんが)、これにより驚きの空中戦が展開される場面も多く見られました。しかし、どんな良いものでも、モデレーションが重要になります。ローテーションに新たなゲーム・イベント(新登場のヘイストなど)を追加するにつれて、グラビティの頻度は必然的に低下していくでしょう。それでも、現在のイベント時間は少し長すぎると感じるので、ゲーム・イベントの数が増加するまではイベント時間を短縮することにしました。

ただし、ゲームイベントは視聴者のみ使用できるであることをお忘れなく。グラビティはストリーマーが1人以上試合に参加しているときにしか発生しません(または、あなたがストリーマーで、視聴者があなたの空中アクションを見たいとき 😊)

クラウンラッシュ・ソロモード(NEW!)

テクニカルテスト中の期間限定イベント「ダークヘイズ」を通じて、ネオ・エルカディアでのソロ戦を楽しんだ方も多いでしょう。そしていよいよ、100名のソロプレイヤーがバトルロイヤルに挑む、「クラウンラッシュ・ソロ」が登場しました! 『ハイパースケープ』の標準ゲームモードである「クラウンラッシュ・スクワッド」に続き、「クラウンラッシュ・ソロ」が追加されます。

クラウンを含み、ルールは同じです。ただし、このモードで自分の身を守れる自分だけなので、用心しておきましょう!

ショーダウンとクラウン

変更内容の詳細:

  • ショーダウン中はセクター崩壊ダメージが5倍に
  • クラウン保持者はハックのクールダウン時間が全体に+33%増加

ショーダウン中にプレイヤーがクラウンを持って逃げる際に、システムを悪用したり、繰り返し、腹立たしい(“ずるい”)戦術が利用されることがあるという多くのコメントが寄せられていました。ショーダウンでは戦術的で激しい戦闘が行われることを意図していますが、クラウン保持者を追いかけることがフラストレーションになってはいけません。とはいえ、スクワッドのサポートを受けたり、上手く立ち回れたりできた場合には、クラウンを手にすれば勝てる可能性があるべきだとも考えています。

このパッチでは、クラウンにまつわるバランスを再調整する新たなメカニクスが導入されます。これらの効果を注視して、ショーダウンがクリエイティブで楽しい瞬間となるように、必要とあれば素早く調整を行っていきます。

崩壊したセクターで受けるダメージがショーダウン中は大幅に増加します。崩壊したセクター内でプレイすることは可能ですが、そこに留まれるのは短い間のみです。また、クラウンにデバフも追加します。クラウン保持者がハックを使うことは可能なものの、クールダウン時間が延長されるので、対戦相手が追いつきやすくなります。

弾薬

変更内容の詳細:

  • 弾薬アイテムを6つではなく、4つ拾えば所持弾薬が最大になるように

弾薬が手に入りやすくなるよう、変更を行いました。ハイペースな戦闘では弾薬不足が発生することが多く、所持弾薬が最大になるまでの時間が少し遅すぎると感じました。試合開始時における初期武器の弾薬不足の問題はまだ解決できていませんが、これがその第一段階となるでしょう。

所持可能な弾薬の総数はそのままですが、弾薬アイテムを拾わなくてはならない回数は減るでしょう。

武器の交換

変更内容の詳細:

  • 武器を交換する際に必要な時間が0.8秒から0.5秒に短縮

武器の交換(地面に落ちている武器と所持している武器のひとつを交換するアクション)が遅すぎると感じるプレイヤーが存在しました(とても説得力のある反応を見せてくれたプロデューサーのGraemeも含め)。装備を調整しようとするプレイヤーに向けてゲームの全体的なペースや反応性をもっと高めるべきだという意見には同意です。(意図しない交換を避けるため)武器を交換する際には「長押し」操作が必要なことは変わりませんが、その時間が短縮されます。

短縮されるのは、長押し操作の時間だけであることにご注意ください。武器を交換するアニメーションに変更はありませんが、これはキャンセル可能です。発砲するかADSに移行すれば、アニメーションを即座に中断できます。

また、ハックの交換メニューを武器にも使用したいという意見も寄せられています。これについては今後も注目しておきます。

TWITCHでバトルパスを進行(NEW!)

Twitchの視聴者が好きなストリーマーの配信を視聴するだけでバトルパスを進行させられるようになりました! ご利用のUplayアカウントをリンクした状態で、Crowncast拡張機能を有効化している『ハイパースケープ』の配信を視聴すると、各試合の終了時にバトルポイントを受け取れるようになります。Crowncastバージョンのゲーム内スコアリングシステムによって、配信を視聴してゲーム内容に関与すればするほど、より多くのポイントを獲得できるようになります。バトルポイントとアンロックした全アイテムは『ハイパースケープ』に戻り次第、アンロック可能です。

レベルアップするにはゲームをプレイすることが最善の手段となるよう、Twitchの視聴で1日あたりに獲得できるバトルポイントには上限が存在します。ただし、Twitchで『ハイパースケープ』を視聴することで十分な見返りが得られると感じられるように、この上限と獲得可能なポイントには今後も注目しておきます。

コンソール版のプレイヤー向けの重要な情報:オープンベータはPCでのみ利用可能ですが、Crowncastのバトルパスの進行状況を利用してOBバトルパスに含まれる全アイテムをアンロックすることができ、クロスプログレッション機能により、コンソール版がリリースされた際にお使いのアカウントで利用可能になります。なので、Twitchで配信を視聴して、オープンベータ限定報酬をすべてアンロックしましょう!

ストリーマーによるスクワッド招待(NEW!)

Crowncast拡張機能により、数クリックするだけで、ストリーマーが視聴者を直接招待して3名のスクワッドを編成できるようになりました。『ハイパースケープ』を見ている視聴者に、ストリーマーが招待を送ることが可能です。あなたがゲームにログインしているなら、招待を承諾して、ストリーマーがそれを確定させれば、あなたがストリーマーのスクワッドに参加できるようになります! Uplayフレンドのインターフェースを使う必要はありません!

新コンテンツのアンロック

変更内容の詳細:

  • 30クラスの新たな無料バトルパスには、オープンベータ終了後も利用可能な外見のみの限定アイテムが含まれています
  • このバトルパスにはTwitch Prime報酬も含まれていて、これらをアンロックするにはTwitch Primeメンバーである必要があります
  • デイリーショップが開店しました! もちろん、オープンベータ期間中に購入したアイテムは正式リリース後もインベントリ内に残ります

30クラスの新たな無料バトルパスが利用可能になっていて、オープンベータ限定アイテムをアンロック可能です。テクニカルテストとは異なり、全アイテムが新登場のものとなっています。試合をプレイするかチャレンジを完了することでバトルパスのレベルを上げることができますが、TwitchでCrowncast拡張機能を利用できるストリーマーの配信を視聴してもレベルを上げられることをお忘れなく。

コンソール版のプレイヤー:Twitchのバトルパスの進捗度は、コンソール版にも引き継げることをお忘れなく!

テクニカルテストと同様に、アンロックした全アイテムはオープンベータ終了後もインベントリ内に残ります。

ハードウェアIDのBAN処分

オープンベータ開始に伴い、BattlEyeによってハッキングやチートプログラムを利用していることが検出されたユーザーは、利用しているUbisoftアカウントに自動的にBAN処分が行われ、利用しているPCにもハードウェアID BAN処分が行われるので、別アカウントを使っても『ハイパースケープ』にはアクセスできなくなります。

復活バグ

テクニカルテストでは、チームメイトを復活させようとしているのにアクションが完了しない現象が発生していました。これには2つの不具合が関係していて、ひとつは復活ポイントのジオメトリー上の位置の問題で、もうひとつはアクション自体が中断されていました。このパッチで位置の不具合は修正されますが、もうひとつの不具合に関しては将来のパッチで対応します。

テクスチャ・ストリーミング

メモリ不足の問題を回避するために、武器とキャラクターにテクスチャ・ストリーミングを有効化しました。

メモリ不足の問題を回避するために、グローバルテクスチャ・ストリーミング・メモリプールに調整を行いました。

最適化

ロード待機時間が90秒から60秒に短縮されました(プレイヤーがロビーにいる時間が短縮)。

その他の修正

マッチメイキングに入る際に、無効な「orchid-C015」のエラーが表示されていた不具合を修正しました。

テクニカルテスト中に発生していた複数のクライアントおよびサーバーのクラッシュの不具合を修正しました

Visit Other Hyperscape Channels

In Ubisoft: