「木を植える」について

ゲーム内で木を植えて、森林再生をサポートしよう

国連によって立ち上げられた「Playing for the Planet」活動の一環として、Ubisoftは二酸化炭素排出量の削減やコミュニティに対して地球に優しい行動を促進することを約束しました。ゲームの力を強く信じるUbisoft Parisは「ゴーストリコン ブレイクポイント」プレイヤーに向けて、活動に参加する機会を提供します。 今回のキャンペーンは、気候プロジェクトへの投資を通じて植樹を行う企業「Ecologi」を支援するために開始されました。Ecologiについて、詳しくはこちら(https://ecologi.com/)をご覧ください。

木を植える

プレイヤーは、「ゴーストリコン」ウェブサイトにある専用ページで森林再生をテーマとした謎を解きます。これにより、アウロアで特別な種を見つけられるロケーションについての手がかりが得られます。プレイヤーはゲーム内で種を発見したあと、それを植えてワールドに永久に残る木を育てられます。

2021年12月20日までにゲーム内で植えられた木1本ごとに、UbisoftはEcologiに0.15ユーロ、最大4万ユーロを寄付し、パートナーとの森林再生プロジェクトに資金を提供します。Ecologiが発表した計算によれば、これは「ゴーストリコン ブレイクポイント」で植えられた木に対して、本物の木を1本植えることに相当するそうです。

種を植えると、プレイヤーは木をテーマにしたゲーム内ギアパッチと「庭師」の称号を獲得でき、ゲーム内で環境保護活動に貢献したことを共有できます。植えられた木とリワードは、この取り組みが終了した後もゲームに残ります。

スノウウッズギリー

プレイヤーは、ゲーム内ストアにて期間限定で入手できるバンドル「スノーウッズギリー」を購入することで、森林再生をさらにサポートできます。ファブリックストライプを使用したこちらの軽量ギリースーツを装備すれば、自然の風景に完璧に溶け込むことができるはずです。スーツにはフード、トップス、パンツが含まれ、外見アイテムのみとなっています。また、プレイヤーが所有する各種迷彩パターンでカスタマイズできます。 バンドル「スノウウッズギリー」が購入されるたびに、「木を植える」の活動の一環として5ユーロがEcologiに送られます。Ecologiに送られた金額の合計は、12月20日にキャンペーンが終了したのちに公開されます。

木を植える

謎めいたノートを調査して、アウロアの歴史を詳しく掘り下げ、島の謎を発見する

アウトキャストからのミッションの依頼

アウトキャストのリーダーであるハルヒ・イトウから特別な依頼があるようだ。アウロアの再制圧時の戦闘で死亡した彼女の仲間の一人が謎めいたノートを所持していた。

<< どうやら彼は、動物や植物に関連する何かを島で探していたみたい。アウロアの希望ある未来を築くのに役立つと思う >>

彼女はノートを渡した。 << 意味が理解できるかどうか確認してみて >>

調査

ノートを調査して、6つの暗号を見つけ出し、謎を解け。

ペンと紙を用意して、謎を解明しよう! 注意: パズルは英語でのみ利用可能です。

ノートをダウンロードする(PDF)リドルのグリッドをダウンロードする(PDF)

アウトキャストのメンバーの持ち物だったノート。

1/16
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16

ヒントが必要?

行き詰まってしまった場合に備えて、答えを見つけるためのヒントをいくつか用意しています。

日本のSNSはこちら