26 October 2021

TU410 ゴーストリコン ブレイクポイント:マザーランドアップデート

マザーランド作戦

アウロアにおける任務は終了し、ノマドは島を後にした。数ヶ月後、アウロアはこの島とそのテクノロジーの支配を目指す諸大国にとって、重要な戦略目標となる。

CIAは、ハルヒが率いる中立勢力「アウトキャスト」に島の支配権を与え、アウロアを自治権を持つ国家にすることで、グローバルレベルでの緊張の緩和を図ることにした。

カレン・ボウマン指揮による本作戦は、マザーランドと名付けられる。

GR Motherland grmap

コンクエストモードとは?

「ゴーストリコン ブレイクポイント」に新たに加わった「コンクエストモード」は、プレイヤーの行動がアウロア島に与える影響に重点を置いた、今までの「ストーリーモード」とはひと味異なるモードです。このモードには、目標の破壊や敵キャンプの制圧、乗り物の強奪、4人のボダーク幹部の確保・排除といった多彩なミッションが用意され、プレイヤーはそれらを自由に選択することができます。

マザーランド作戦では、アウトキャストとカレン・ボウマンの助けを借りつつ、ボダークによる支配からのアウロア解放を目指さねばなりません。

勢力間抗争

コンクエストモードにより、お馴染みの勢力間抗争が「ゴーストリコン ブレイクポイント」に復活することになりました。プレイヤーがアウロアでの支配を強めていくと、野外と拠点におけるアウトキャストの存在力が高まり、それにより勢力同士での争いがより頻繁に起こるようになります。勢力の影響力に応じて、道路上の検問や車列、パトロールなどが島中に見られるようになり、また人質問題なども発生し始めます。こうしたイベントは、各地域により難易度が変化します。各地域のチャレンジの詳細は戦略マップで確認できます。

GR Motherland bodarks

ボダーク

ボダークは、情報操作を行う冷酷な侵略勢力であり、センティネルおよびウルブズと同盟を結んでいます。拠点と野外には、5種類のボダーク兵が存在します。

  • タクティシャンは、援軍を呼ぶ兵であり、素早く殲滅する必要がある

  • 強化装甲を身につけたオプレッサーは、プレイヤーに向かって突撃してくる

  • ドレッドノートはロケットランチャーを使用する

  • シーカーはライフルと光学迷彩を装備している

  • トルーパーはボダーク軍の主戦力となる存在

ボダークの各タイプの敵は山地、都市、荒々しい自然環境など地形により装備を変更します。また、ボダーク勢力側には新たなロシア製武器や乗り物のスキンが追加されています。

ボダーク側だけでなく、プレイヤー側もマリアの店で複合素材のギリー装備など新たなアイテムをが増え、装備選択の幅が広がります。

気候

アウロアで変化するのは、その支配を巡り戦う勢力だけではありません。島の気候も変わります。島の5つの異なるゾーンには、それぞれ特有の環境が用意されており、秋や冬の雰囲気が感じられるようになります。気候は、曇りや雨、霧や晴れなど、島の地域ごとに変化します。

気象条件は日ごとに変わります。特にビバークでの休息後にそれを感じることとなるでしょう。加えて、虫や煙、草や空を飛ぶ鳥などの環境エフェクトの根本的な見直しを行いました。これによりアウロアという島のリアルさが向上しています。

GR Motherland Atmosphere

光学迷彩と新たな進化システム

コンクエストモードでは、「光学迷彩」がアンロックできます。光学迷彩にはゲージが付いています。ゲージの値は100からスタートし、時間とプレイヤーの行動により値が低下していきます。迷彩をオンにすると、1秒間にゲージの値の一定量を消費します。また、銃器を使用したり走ったりすると、消費量が増大します。

光学迷彩を使用すると、よほど接近しない限りは敵に発見されなくなります。迷彩の効果はアップグレードシステムにより改善することができます。光学迷彩はストーリーモードでも使うことができますが、迷彩効果の向上はコンクエストモードでのみ可能です。

さらに、最大XPレベルの上限が99にまで引き上げられたことにより、コンクエストモードには何度もプレイするメリットが存在します。スキルポイントは、武器のマスタリーを高めたり、自分のプレイスタイルを集中的に進化させたりするのに使うことができます。

それではゴーストの皆さん、マザーランド作戦をお楽しみに!__11月2日__にリリースされるマザーランド作戦において、アウロアを舞台に自らが進むべき道を切り開きましょう。

__TwitterFacebook、そしてInstagram__でフォローして、「ゴーストリコン」の最新情報を手に入れましょう。

-- ゴーストリコン開発チーム

日本のSNSはこちら