2022 March 17

3 分(読むのにかかる時間)

「フォーオナー」パッチノート(2.34.0)

「フォーオナー」パッチノート(2.34.0)

PS4: 1.30 Gb, Xbox One: 1.70 Gb, PC: 1.70 Gb

クロスプレイ

クロスプレイ フェーズ1

  • PvPおよびPvEモードで、全プラットフォーム(PC、PlayStation、Xbox)からマッチメイキングが行われるようになります。フレンドとのグループプレイは、フェーズ2として後日実装予定です。クロスプレイ フェーズ1では、以下の変更が行われます。
    • PC、PlayStation、Xboxのマッチングプールを統合。これにより、マッチメイキングにかかる時間が短縮され、プレイセッションが改善されます。
      • 技術的な理由により、全てのクロスプレイマッチでゲーム内ボイスチャットは無効化されます。
      • シーズン開始時に、プレイヤーのスキルレートをリセットします(各プレイヤーのスキルレートは、数マッチ後に再測定されます)。
      • クロスプレイに参加しない場合は、新たに追加される「オンライン」オプションの「設定」メニューからクロスプレイを無効にすることができます。

開発者コメント:キャンペーンモード、トレーニングモード、カスタムマッチ(フェーズ1のみ)、アーケードモード、およびランクモードはクロスプレイ対象外となります。

Ubisoftアカウント名の報告機能

  • 全プラットフォームで、不適切なUbisoftアカウントのユーザー名を報告できるようになります。

開発者コメント: MicrosoftおよびSonyのアカウント名については対応を行いません。Ubisoftアカウントのユーザー名のみが対象となります。


改善

ドミニオン

  • これまでの2度のテストグラウンドフェーズを通じて、さまざまなドミニオンのゲームモードへの変更をテストしました。変更による利点には、大きく以下の3点があります。
  1. クラスごとの名声獲得量の改善*(例: アサシンが安定して戦技を解除できるように)*
  2. 制圧地点の防衛に対してポイント/名声の獲得の比重が大きすぎた問題への対処*(制圧地点とミニオンレーンでバランスよく分散するように)*
  3. 特別な名声ボーナスからの制御不能な名声獲得の廃止*(キルボーナスと合わさって名声が雪だるま式に増えないようになります)*

以上のドミニオンへの変更が実際のゲームに統合されました:

  • 全クラスでの名声獲得量を統一しました。全てのヒーローが均一に名声を獲得するようになります。
    • ヒーローキル: 20
    • キルストリーク: 8-20
    • ミニオンキル: 2
    • キルアシスト: 10
    • ゾーンの防衛(味方ゾーンでのキル): 0
    • ゾーンの制圧: 10
    • ゾーンでの攻防(戦闘):
      • 敵ゾーンでの戦闘: 30/分
      • 味方ゾーン防衛のための戦闘: 36/分
    • ゾーンのブースト(味方ゾーンに留まる): 42/分
    • 蘇生: 20
    • 奮起: 30
  • カムバック、リベンジ、ストリーク破りを除く、特別な名声ボーナスを廃止しました。
  • ゾーン内でのキルごとに同じゾーン内にいる全ての味方が名声を獲得する仕様を廃止しました。

戦技の解除ラインを次のように変更しました。

  • ティア1: 50 (以前は58)
  • ティア2: 120 (以前は155)
  • ティア3: 210 (以前は265)
  • ティア4: 320 (以前は335)

ポイントのバランス調整:

  • 制圧済みのゾーン: 0.9ポイント/秒(以前は0.74ポイント/秒)
  • ブースト済みのゾーン: 1.5ポイント/秒(以前は1.85ポイント/秒)
  • 制圧済みのミニオンレーン: 1.5ポイント/秒(以前は1.35ポイント/秒)

名声のウィジェットが導入!

  • 名声ゲージの上に表示されるウィジェットに、全ての名声の獲得が表示されるようになります。

最近のテストグラウンドに基づく変更:

ゾーン制圧速度

  • 従来の値に戻しました。これまでと同じように、複数のプレイヤーが支援することで制圧速度が上昇します。

開発者コメント: 制圧速度の統一はプラス面もありましたが、これまでのテストグラウンドで、そのマイナス面も検討することができました。マッチで制圧速度が遅くなると、ゾーンでの戦闘が間延びして制圧チームが入れ替わらなくなっていたうえ、勝利したチームには回復する時間がほとんどなく、すぐに体力満タンのヒーローから攻撃を受けていました。今回の変更でしばらく様子を見たいと思います。

ゾーンのブーストと戦闘:

  • ブースト: 名声42ポイント/分(以前のテストグラウンドでは30)
  • 所有チームがいないゾーンでの戦闘: 名声30ポイント/分(以前のテストグラウンドでは36)
  • 敵チームが所有するゾーンでの戦闘: 名声30ポイント/分(以前のテストグラウンドでは36)
  • 味方チームが所有するゾーンでの戦闘: 名声36ポイント/分(以前のテストグラウンドでは36)
  • 既知の問題: ゾーンでの戦闘中、名声ウィジェットで集計されている名声の表示が実際よりも多く表示されています。現時点では、表示のみの問題です。

開発者コメント: テストグラウンドではゾーンの戦闘で多めに、ブーストでは低めに名声が得られるようになっていましたが、防衛時の名声獲得と相手チームからの同量ポイント獲得を廃止したことで、相手ゾーンにとりあえず突撃するリスクがあまりに少なく、ゾーンでずっと戦い続けることが最適になるという好ましくない影響が出ました。また、誰もいないゾーンをブーストしても得られる名声が最も少ないのも、リターンを少なく感じさせていました。

今回の変更で、ゾーンを所有するチームがゾーンでの戦闘で得られる名声を増やし、ブーストではさらに多くの名声を得られるようにしました。これにより、ゾーンを取り戻す戦略のリスクがより高くなり、単独ではなくチームとして攻め込む重要性を高められると期待しています。

オーディオ

  • プレイヤーが外にいる間、内部のサウンドがよりくぐもって聞こえるようオクルージョンを改善しました。
    • 川の要塞
    • 高台の要塞
    • 寺院の庭園
    • センチネル
    • 砦の門
    • 大聖堂
    • ヴァイキングの村
    • 聖なる砦
    • チャン峠

不具合修正

兵士

  • (不具合修正)忍の前転がターゲット入れ替え可能でなかった不具合を修正。 (FH-3281)

人斬り

  • (不具合修正)人斬りが武器を振るビジュアルグラフィックが、横回避アニメーション中に残り続ける不具合を修正。 (FH-2147)

虚心

  • (不具合修正)虚心のゲーム中のアイドリングアニメーションが不自然なものとなっていた不具合を修正。 (FH-3121)

戦技

  • (不具合修正)野武士のティア3戦技「体力挽回」のアニメーションが他のヒーローと同じになるよう調整。 (FH-2836)

オーディオ

  • (不具合修正)海賊がパリー成功後、特定のセリフを連続してしゃべる不具合を修正。 (FH-3388)
  • (不具合修正)聖なる砦でのプレイ時、ゾーン2および3のフェーズ1で戦闘音が低くなっていた不具合を修正。 (FH-3321)
  • (不具合修正)コンカラーのフルブロックスタンスでシールドを引きずる効果音がマップの全プレイヤーに聞こえていた不具合を修正。 (FH-3241)

カスタマイズ

  • (不具合修正)手に持っている武器がエモート後に再出現する不具合を修正。 (FH-3025)
  • (不具合修正)黒い素材が青色で表示されていた不具合を修正。 (FH-3383)
  • (不具合修正)素材「海水」および「焚き木」を海賊の女王のカスタマイズオプションに追加。
  • (不具合修正)斬虎と天地について、エフェクト「深紅の征服」のサウンドエフェクトが視覚効果と同期していない不具合を修正。 (FH-3330)
  • (不具合修正)ペイントパターンを「胸と背中」に設定している場合、忍に魚鱗のチェストが正常に表示されない不具合を修正。 (FH-3218)
  • (不具合修正)バーサーカーのエクセキューション「早くしろ!」でカメラの揺れが過剰だった不具合を修正。 (FH-2783)
  • (不具合修正)忍の「死の影」や「五月」のヘルムに、灰色のテクスチャーが表示される不具合を修正。 (FH-2703)の一部
  • (不具合修正)剣聖のエクセキューション「安らか」で対戦相手にスタブするとサウンドエフェクトが聞こえなくなる不具合を修正。 (FH-2733)
  • (不具合修正)大蛇のエクセキューション「清十郎の策略」に、カメラの揺れの不具合がいつも発生していた不具合を修正。このエクセキューションの不具合は、垂直同期がオフかつリフレッシュレートが60hzの場合にのみ発生していました。 (FH-2551)

PC

  • (不具合修正)1つのモニターで「フォーオナー」を配信し、もう1つのモニターで「フォーオナー」をプレイしているとfpsが安定しない不具合を修正。 (FH-3135)